【主張】接戦の米大統領選 民主主義の範を示す時だ

 米大統領選は、共和党の現職、トランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領が大接戦を繰り広げた。

 トランプ氏はホワイトハウスで、「支持者に感謝する。素晴らしい夜だ」と語り、再選に自信を示した。バイデン氏も支持者の前に姿を現し、「順調に勝利に向かっている」と述べ、開票を忍耐強く待つよう呼びかけた。

 コロナ禍での選挙は、事前投票が大幅に増え、接戦になれば最終的な結果判明に時間を要することは当初から予想された。

 郵便投票についてトランプ氏が「不正がある」と繰り返し不服を表明するなど、今後、法廷闘争に持ち込まれる可能性もある。

 決着のつかない状態が長引くことは望ましくない。だが、選挙は民主主義の根幹である。厳正な集計作業と法的な吟味を尽くし、両陣営、有権者が納得できる結論を導き出してもらいたい。

 超大国、米国の次期指導者がどちらになるか、どのように選ばれるかは、日本を含む国際社会にとっても重大な問題だ。事態を静かに見守っていきたい。

 選挙戦を通じ、トランプ、バイデン両氏とも、中国に対する厳しい姿勢を強調した。米中対立は、民主主義と専制主義の対決と位置付けられる。

 大接戦の大統領選を自由、公正にやり抜くことは、民主主義の範を示すことにほかならない。とりわけ、現職候補が感染するというコロナ禍の異常事態だからこそ、その意義は大きい。

 両陣営には「負けを認めない」とする支持者が少なからずおり、投票日を前に各地で、抗議デモや暴動への警戒から警備が強化され、商店が臨時休業するなどした。万が一にも暴力に訴えることなどあってはならない。

 敗者がまず、負けを認め、勝者を祝福するのが、米大統領選のよき伝統であり、それが今回も貫かれることを望みたい。敗北宣言は選挙戦を通じ深まった両陣営の溝を埋め、米国民が団結するために不可欠だからだ。

 今回は、コロナ禍への対応をめぐり両陣営が激しく相手を攻撃し、黒人差別をめぐる抗議行動が広がり、亀裂はひときわ深い。結果判明の遅れで、事態を一層悪化させてはならない。トランプ、バイデン両氏はこのことを肝に銘じてもらいたい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ