新型コロナ禍の日韓関係 「ねじれ」を生んだ3者の思惑

【コリア実況中継!】

 韓国の検査態勢をおとしめる偽ニュースが日本で流れている-。新型コロナウイルス対策をめぐり4月、大手を含む韓国メディアが、日本のネットメディアを発信源とする不正確な報道を大々的に取り上げ、それが韓国内での日本批判につながる騒ぎがあった。日本国内のテレビや新聞では一切報じられていないにもかかわらず、韓国側はなぜ強く反応したのか。経過をたどると、情報が随所でねじれていった様子が浮かび上がった。(外信部 時吉達也)

「ニコ動」掲載ニュースが発端に

 聯合ニュースなどで報じられ問題となった記事は、韓国製の検査キットについて「7~8割が不良品と発覚した」とする内容。日本のネットメディア「ゴゴ通信」(東京都新宿区)が、動画投稿サイト「ニコニコ動画」などを通じて4月25日に配信したもので、韓国の大手紙、東亜日報系のテレビ局「チャンネルA」が報じたニュースを転電した韓国ネットメディアの記事をさらに転電する形で書かれた記事だった。

 引用元をさかのぼっていくと、もともとの情報は検査後の検体搬送に関わる製品の問題が指摘されていることを伝えるものだったことが分かるが、転電が繰り返される中で、検査キット自体の信頼性を否定する内容に塗り替えられていったとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ