【主張】選抜甲子園中止 自粛圧力の拡大を危ぶむ

 新型コロナウイルスの感染拡大で大規模イベントの中止や延期が相次ぐなか、日本高校野球連盟は選抜高校野球大会の中止を決めた。

 極めて残念である。過度の自粛ムードは歓迎しない。「独自の判断」を強調してきた高野連には感染の拡大防止に手を尽くして無観客開催を選択し、停滞する社会の雰囲気を変える一助となってほしかった。

 政府は全国の小中学校や高校に休校を要請してきた。安倍晋三首相は10日、大規模イベントなどの自粛要請について、19日頃までの継続を求めていた。全国高校体育連盟に加盟する各競技団体は3月に実施予定だった全ての選抜大会の中止を決定していた。

 自粛への有形無形の圧力は強まっていた。高野連は「選手の健康の安全が第一という教育者としての苦渋の決断」と説明した。十分に理解できる。

 開催を強行すれば「なぜ野球だけが」との強い反発も容易に予想できた。だが高野連には、野球の競技特性も鑑みた「独自の判断」への期待もあった。

 厚生労働省は新型コロナウイルス感染拡大の特徴として「換気が悪い」「人が密に集まって過ごす」「不特定多数の人の接触」の3つを挙げている。

 屋外の広いグラウンドに9人の守備選手が散り、攻撃側は1人ずつ打席に入る野球の競技形態は、この3条件からほど遠い。移動や合宿への危惧は大会開催への可否とは別に、それぞれの工夫に求めるべきだったろう。

 プロ野球やJリーグは、すでに開幕の延期を決定している。プロの興行として、観客抜きの試合はあり得ないとの判断である。

 高校野球は観客のためにプレーをするわけではない。純粋な試合への渇望に応える判断は、十分に是認できるはずだった。

 感染拡大との戦いは、終わりの予測が立たない。息の長い戦いとなる可能性もある。無条件に全て一律の自粛が続けば、社会生活が成り立たなくなる。最悪なのは、自粛圧力の前に思考停止に陥ることである。

 想像していた。アルプススタンドの応援合戦がない静寂の甲子園球場に打球音が響き、球児同士の掛け声がこだまする。球児らは応援の有無にかかわらず、全力でプレーするだろう。野球の原点を見る大会となるのではないかと。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ