【外信コラム】韓国人は大胆で挑戦心があって法律もものともせず…

 韓国の現代事件史で世間を騒がせた人物2人が改めて話題だ。海外逃亡中だった人物で、一人は1990年代に韓国が金融危機で大騒ぎしたころ“政商”として羽振りがよかった新興財閥・韓宝グループの鄭泰守(チョン・テス)会長(当時)。もう一人は2002年の大統領選の際、虚偽情報で保守系候補を追い落としたことで知られるブローカー金大業(キム・デオブ)。

 前者は中央アジアなどを経て南米エクアドルに隠れ住んでいた。現地の病院で亡くなったときは95歳で、同じく海外にいた息子が帰国し明らかにした。後者はフィリピンで最近、捕まった。フィリピンは近年、韓国犯罪者の逃亡先になっており、韓国の捜査当局が常時、目を光らせている。

 筆者は先ごろ、友人たちへの大借金が返せず中国に“逃亡”していた知り合いの韓国人に十数年ぶりに街でぱったり出会った。中国で再起のビジネスをしていてお忍びの一時帰国とか。中国も韓国人にとって犯罪者を含め各種事案の“逃亡地”として知られる。

 思い出せば、筆者が1970年代に韓国でお世話になった下宿の主人一家はその後、ビザもないまま南米のパラグアイ経由で親戚のいるブラジルに“移民”し後年、事業に成功していると絵はがきをもらった。韓国人は大胆で挑戦心があって法律もものともせず、平気(?)で国境を越える。(黒田勝弘「ソウルからヨボセヨ」)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ