「水晶の夜」を知っていますか?

【正木利和のスポカル】

 仕事で訪れたドイツのドレスデンの街を歩いていたときのことである。

 11月12日の朝、ホテルのそばの商店街の路上に直径30~40センチほどの赤と白のバラの花で飾られたエリアを見つけた。

 近寄って見ると、そこには金属製のプレートがはめこまれてある。そのそばには溶けたロウソクの跡と白い紙に書かれたメッセージが置かれていた。

 メッセージの文字で自分が判読できたのは、以下の英語で書かれた部分だ。

 《Never Forget Nov・9-10,1938 80 Years Today》

 「1938年11月9日から10日、80年前のきょうを決して忘れるな」

 一緒に旅をしていたある美術館の館長が、それをおもむろにのぞき込んだ。

 「ははーん。なるほどなあ。クリシュタルナハト。ああ、あれか。水晶の夜やね」

 この館長は、若いころにドイツ語を学んでいたのだという。

 しかし、「水晶の夜」とはなんだろう。

□    □

 「知りませんか? やっぱり、一定の年齢の人間じゃないと、わからないこともありますなあ」

 と、年配ぶって館長氏がいう。

 ちょっと悔しい。

 同行者が、さっとスマホを取り出し、その「水晶の夜」を探し始めた。

 なんとも、美しい響きである。きっと、夜に起こった、とてつもなくきれいなできごとに違いない。

 しかし、すぐにそれがちょうど80年前にドイツ全土で起こったユダヤ人排斥事件だとわかった。

 かいつまんでいえば、ユダヤ人青年がパリのドイツ大使館を銃撃した、というできごとを口実にして、ナチスの指令で全国のユダヤ人居住区が襲撃された事件である。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ