スマホで安田さん批判に精出す人は憐れむ要素に事欠かない

 ジャーナリストが無事生還することで迷惑を被る人はいないはずである。しかし案の定、議論は巻き起こってしまった。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 本当に嬉しいニュースです。無事のご生還、おめでとうございます。シリアで武装組織に拘束され、3年4か月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が、10月25日夜に帰国しました。生きて帰ることを信じて待ち続けた両親や妻と再会し、さっそく母親の手作りのおにぎりやきんぴらごぼうをおいしそうに食べたとか。ご本人やご家族の喜びはいかばかりか。いやあ、よかったよかった。

 …という話では済まないのが今の日本の、いや、もしかしたら人の世の残念さであり情けなさ。腕まくりして待ち構えていたかのように、ネット上ではバッシングの嵐が吹き荒れています。悲しいかな予想通りの展開です。いつ命を奪われるかわからないギリギリの状況を生き抜き、奇跡的に帰ってこられた人を非難して、何が楽しいのでしょうか。

 「そっか、よかったね。でも、とくに興味ないかな」と感じるのは、まだわかります。毎日いろんなニュースがあるし、しょせんは知り合いでも何でもない人の話ですから。しかし、バッシングに精を出している方々は、積極的に関心を持って非難する理由を全力で捜し出し、手間と時間を使ってSNSなどに書き込んでいます。暇なんでしょうか。

 ネットだけじゃなくてリアルでも、安田さんを批判して悦に入っている人は少なくありません。そういう人を見て腹を立てるのも不毛だし、近づくと邪悪なオーラに巻き込まれてなおさら不愉快になります。「いや、そうじゃなくて」と反論したところで、話が通じる気もしません。ここは反発や怒りではなく、憐みの目を向けることにしましょう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ