月刊Biz・ecoフォーカス

使用電力量5~25%削減 エレトク、エアコンを自動で送風に切り替え

屋上にあるエアコンの室外機に取り付けられたエレトクの制御機器(同社提供)
屋上にあるエアコンの室外機に取り付けられたエレトクの制御機器(同社提供)

エアコンの室外機に制御機器を取り付けるだけで、使用電力量を削減でき、二酸化炭素(CO2)の排出を抑えられるサービスの導入が広がっている。取り付けた制御機器が30分おきに3~5分程度、冷房や暖房の運転を送風に切り替えることで、年間の使用電力量を5~25%削減、その分の電気代も節約できる。

サービスを展開しているのはエレトク(東京都港区)。病院や介護施設、倉庫などエアコンを24時間使用する施設を中心に、オフィス、工場などにも採用が広がり、契約件数は4千件を超える。電気料金の高止まりも続き、導入を検討する企業も増えており、「2~3カ月ほど工事を待ってもらっている」(間部恵造社長)状況だ。

エレトクのサービスは、使用電力量が多い冷房や暖房の運転を、自動制御によって30分おきに送風に切り替える。送風時には室温が大きく変化しそうだが、「3分程度であれば、室温の変化はほとんどない。室温変化が大きくなる前に(冷暖房の運転を)再起動するので、快適性を損なわずに節電できる」(長尾真一取締役)という。

サービス導入企業にとってメリットが大きいのは、初期費用が一切必要ないことだ。制御機器代、工事費用などをエレトクが負担。代わりにエレトクが受け取るのは、サービス導入によって削減できた電気代の70%だ。例えば年間100万円削減できた場合、導入企業は70万円をエレトクに支払うが、30万円を節約できることになる。

エレトクは導入企業に対し、導入後のCO2削減量や節電額が一目で分かる「省エネルギー活動報告書」を毎月作成し、提供している。報告書を活用して投資家向け広報活動(IR)に活用する企業も増えているという。(高橋俊一)

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 【京アニ被告人質問詳報】(15)裁判員が「全員同罪」論の〝穴〟指摘、青葉被告は絶句

  2. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  5. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

今、あなたにオススメ