○虎将トーク

阪神・岡田彰布監督 出血交代の木浪聖也について「俺も血見たからな。『何や?』言うたら『頭ぶつけたらしいです』と」

サンスポ
六回、選手交代を告げる阪神・岡田彰布監督=神宮球場(撮影・松永渉平)
六回、選手交代を告げる阪神・岡田彰布監督=神宮球場(撮影・松永渉平)

(オープン戦、ヤクルト0ー8阪神、17日、神宮)阪神が4連勝。ヤクルト・小川泰弘投手(32)から一回に大山悠輔内野手(28)、佐藤輝明内野手(24)の連続適時打で2点を先取。二回には「9番・二塁」植田海内野手(26)の左前打で2点を追加。さらに三回には佐藤輝が右中間にオープン戦1号ソロを放った。七回にはシェルドン・ノイジー外野手(28)が適時二塁打をマークした。「7番・右翼」のD1位・森下翔太外野手(22)=中大=は4打数2安打。初の開幕投手に内定している青柳晃洋投手(29)は毎回走者を背負いながらも、五回108球を投げ、5安打3三振3四球で無失点だった。岡田彰布監督(65)の主な一問一答は以下の通り(チーム成績=7勝4敗、観衆=1万1361人)

三回、ソロ本塁打を放った阪神・佐藤輝明=神宮球場(撮影・今野顕)
三回、ソロ本塁打を放った阪神・佐藤輝明=神宮球場(撮影・今野顕)

ーー佐藤輝はしっかり振っていた

「おう。やっと出よったなあ」

ーーらしさが出ていた

「ステップとか変えてなあ。昨日なあ。そうやったけど。室内で(練習して)エエ感じになってきたんちゃうかな」

ーーホームラン以外のスイングは

「うん、まあなあ。打った後、打たんもんなあ(笑)。ちょっとなあ」

ーー大山が打点

「悪い時に比べたら大分エエよ。ヒット出ん時は全然出えへえんかったもん。今は打席での見送り方とかな。悪い時はボール球を振ってアレやったけど。今は凡打はするけれども見極めとかな、過程が前の悪い時とは全然違うよ」

ーーノイジーにも適時打が出て、クリーンアップが機能した

「もう1打席と思ったけど、ちょうど良かったよ」

ーー森下は安定した力を発揮

「本人はあんまり納得してないんちゃうか。当たりに関してはな。これから慣れていったらエエだけの話や」

ーー青柳は無失点も本人は納得していない

「ちょっと重いな、球数も多いしな。目いっぱい、行き過ぎや。もっと遊んだらエエんや。1番から9番まで、目いっぱい、行こうとするからな。下位打線とかな、お前、2、3球で打たすとかな、それでエエんよ。みんな三振取りにいくような、だから重くなるよな。ランナーいたらクイック、クイックで投げるしな」

二回、打球を処理する阪神・木浪聖也=神宮球場(撮影・今野顕)

ーー木浪が途中交代(四回の守備から)

「ここ(左目の上あたりを)切りよったんよ。額。それだけのことや」

ーーベンチ裏でどこかにぶつけた

「そうや。ぶつけよった。血出とるもんな。全然アレやったから。俺も血見たからな。『何や?』言うたら『頭ぶつけたらしいです』と」

ーー病院へ

「病院行った。大丈夫やったみたい」

ーー長引くことは

「そら、全然アレや。縫わんでもエエ言うとったから。それもさっき聞いたけど」

ーー富田も好投

「エエよな。それしか言いようがないわ。エエからまだここに残ってるんやけどな。この時期に来てるのは、1軍戦力のピッチャーやからな。人数の加減で変更はあるかも分からんけど、一年間、一定の人数で行けるわけあらへん、それは調子の波とかあるから。今いてるメンバーは一年間やる中で戦力として見てるからな」

ーー開幕に向けて、いい戦いができているのでは

「まだ開幕に向けてないで。まだ遊んでやってるやん。そらそうやん、まだこんなん開幕に合わすかいな。体もたんわ」


今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 【侍日記】20歳の高橋宏斗、先輩たちの匂いに驚き/WBC

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 米代表主将のトラウト、大谷との夢対決は「楽しい経験だった」 日本に敗れ準優勝も「僕たちは戻ってくる」/WBC

  4. 侍ジャパン帰国会見 村上宗隆「大谷さんがユニホームが汚れながらマウンドに行く姿、夢のよう」

  5. 大谷翔平〝VIP帰国〟のお値段 BTSらも乗せた高級ジェット機、食事もファーストクラスと同等 代表選手からは「超一流のメジャーはさすが」の声

今、あなたにオススメ