水増し請求50億円超か 楽天モバイル元部長ら

産経ニュース
楽天モバイルのロゴ(三尾郁恵撮影)
楽天モバイルのロゴ(三尾郁恵撮影)

楽天モバイルの携帯電話基地局建設を巡る詐欺事件で、警視庁捜査2課に逮捕された同社元物流管理部長の佐藤友紀容疑者(46)らが楽天側からの支払額と比例し水増し額も増やしていた疑いがあることが4日、捜査関係者への取材で分かった。令和元~3年にかけて楽天側の支払額は水増し分を含め約300億円で、うち50億円以上が水増し分の疑いがあるという。捜査2課は楽天側が基地局整備を急いでいたことに乗じ、巨額の水増しをしていたとみて調べている。

関係者によると、楽天側から、携帯電話の基地局建設に必要な部材運搬や保管に関する委託を受けていた物流会社「日本ロジステック」への支払額は元年11月分が1億円超、2年11月分は約10億円、3年11月分は30億円近くまで増加するなど右肩上がりで推移。水増し額もこれと比例して増えていたとみられる。

捜査関係者によると、佐藤容疑者らは部材を運ぶ車のチャーター費や部材を管理する倉庫の坪数などを水増ししていたという。

佐藤容疑者らは楽天側から水増し分の約9億円を含む約25億円を詐取したとして逮捕された。捜査関係者によると、佐藤容疑者は不正に得た金を不動産投資や高級車の購入資金に充てたとみられるという。

捜査2課は、佐藤容疑者と日本ロジ元常務の三橋一成容疑者(53)、下請け先の運送会社「トレイル」社長の浜中治容疑者(49)が、水増し請求を繰り返していたとみて捜査している。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 立民・原口氏「帰ったら総辞職を」首相ウクライナ訪問

  2. 鳩山元首相「子供じゃあるまいし」首相ウクライナ電撃訪問

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 【侍日記】ヌートバー、斎藤佑樹氏と再会し熱い抱擁

今、あなたにオススメ