「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…

イザ!

女優の吉高由里子が主演を務める連続ドラマ「星降る夜に」(テレビ朝日系)の第3話が31日、放送される。

大石静さんが脚本を手掛けるオリジナル作。星降る夜に出会い、運命の恋を育んでいく35歳の産婦人科医、雪宮鈴(吉高)と、10歳年下で、生まれつき耳が聞こえない遺品整理士、柊一星(北村匠海)の姿を描く。

「星降る夜に」これまで

ある医療裁判がきっかけで、大病院を追われた鈴は、のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で、誰にも本音を語らず、淡々と働いていた。

そんななか出かけたソロキャンプで、鈴は、図々しくも優しい、不思議な青年、一星に出会い、その晩、一星は鈴に突然キスをした。翌日、酒を飲みすぎて前日の記憶が曖昧な鈴に、一星は「おまえのゲロぜんぶ片づけた、バ~カ」と手話で伝え、去っていった。

左から、柊一星(北村匠海)、北斗桜(吉柳咲良)、佐藤春(千葉雄大)(C)テレビ朝日

その後、2人は、鈴の母、愛子(岸本加世子)の葬儀場で再会。一星は愛子の生前整理を担当した遺品整理士だった。母を孤独に旅立たせてしまったと後悔する鈴に一星は愛子の遺品を手渡し、愛子が幸せだったと伝え、励ました。

後日、一星に母の遺品整理のお礼を「ありがとう。でも、お前のキス、大したことなかったけどな」と、覚えたての手話で告げると、一星はうれしそうにし、「お礼して」と言って強引に鈴を映画館デートに連れ出した。その後も、仕事終わりの鈴をグイグイと居酒屋に誘い、彼が旅してきた世界の友達の話に花を咲かせるなど、鈴を非日常へと引き込んでいった。

左から、雪宮鈴(吉高由里子)、佐々木深夜(ディーン・フジオカ)、麻呂川三平(光石研)(C)テレビ朝日

一方、同医院では、匿名妊婦(清水くるみ)が出産後、育児放棄を宣言。納得がいかず母親の説得を試みる45歳の新米産婦人科医師、佐々木深夜(ディーン・フジオカ)に、鈴は、自らが抱えていた医療裁判について語り、患者に価値観を押し付けていると注意した。

左から、柊一星(北村匠海)、雪宮鈴(吉高由里子)(C)テレビ朝日

母親は我が子を置いて病院から逃亡。その話を鈴から聞いた一星は、高校の時に事故で両親を失くし毎日辛かったと打ち明け、「産まれた時から親がいないなんてかわいそう過ぎる」と言い、逃げた母親を探そうとした。鈴が彼を引き留めて「親がいなければ必ずかわいそうなの?魅力的な人生を送る一星はかわいそうなの?」と問いかけると、一星は「ありがとう」とお礼を言いながらも「その赤ん坊に俺を見習うように言っとけ」と伝え、鈴を笑わせた。

後日、雪の降る夜に踏切を挟んで鈴は一星と対面。一星は突然、「雪宮鈴、好きだ」と手話で告白した。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」最終週に柏木学生(Snow Man・目黒蓮)再登場! コロナ禍で貴司(赤楚衛二)心配する声も

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー

今、あなたにオススメ