ネット有害情報監視強化へ 「銃器製造」削除項目追加 今春、背景に元首相事件

産経ニュース
総務省や警察庁などが入る合同庁舎=東京都千代田区
総務省や警察庁などが入る合同庁舎=東京都千代田区

警察庁は26日、インターネット上の違法・有害情報の通報受付やサイト管理者らへの削除依頼の対象として、3月から「爆発物・銃器の製造」「殺人」などを追加し、監視体制を強化する方針を明らかにした。交流サイト(SNS)の投稿を分析する人工知能(AI)の導入も検討する。昨年7月の安倍晋三元首相銃撃事件で、山上徹也被告(42)がネット情報を基に銃や火薬を自作したと説明したほか、殺人や強盗事件の容疑者がSNSでやりとりする現状を重視した。

警察庁は民間団体「インターネット・ホットラインセンター」(IHC)に削除依頼などの業務を委託しており、3月に運用ガイドラインを改訂、委託費を増額する。IHCは違法と有害に分けて対応しており、このうち有害情報に、生命に危害が及ぶ恐れが高い犯罪に関連する7類型を追加する。7類型は殺人や銃器製造の他、「銃の譲渡」「臓器、人身売買」「硫化水素ガスの製造」「ストーカー行為」など。

  1. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  2. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン