NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月26日OA第80話あらすじ 飛行機部品試作で問題発生、笠巻(古舘寛治)の提案は…

イザ!

女優、福原遥が主演を務めるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(総合など)の第17週「大きな夢に向かって」の第80話が26日、放送される。

「舞いあがれ!」これまでの流れ

大阪府東大阪市と長崎県の五島列島などを舞台に、主人公の岩倉舞(福原)がさまざまな人たちと交流を重ねながら、空を飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生の物語。

航空学校を卒業し、航空会社「ハカタエアライン」への入社を控えていた舞は、実家のネジ工場、IWAKURAを経営する父、浩太(高橋克典)の急死を受けてパイロットになることを断念。リーマンショックの影響で経営危機に直面した工場を再建させるべく、社長に就任した母、めぐみ(永作博美)を支えていくことを決意した。

左から、小森富雄(吉井基師)、岩倉舞(福原遥)、笠巻久之(古舘寬治)。「うめづ」にて。小森にある相談をする舞と笠巻 ※第80話より(C)NHK
左から、小森富雄(吉井基師)、岩倉舞(福原遥)、笠巻久之(古舘寬治)。「うめづ」にて。小森にある相談をする舞と笠巻 ※第80話より(C)NHK

会社の立て直しを目指すめぐみはまず営業強化の方針を掲げ、舞を営業担当に抜擢。初めての経験に当初は厳しい戦いを強いられた舞だったが、自社の製品や技術について学んで営業スキルを高め、ある日、大量受注を獲得した。めぐみは更なる資金集めのため、舞の兄で投資家の悠人(横山裕)にIWAKURAの将来性と高い技術を売り込み、工場の買収を提案。悠人もその話に乗り、IWAKURAは借金を完済させた。

その4年後となる2013年夏、舞は会社で営業のエースに成長。業績も右肩上がりで、めぐみは、機械と人員の増加を考え始めた。そんななか、舞は、航空機産業参入支援セミナーに参加しようとめぐみを誘った。飛行機にIWAKURAのネジを載せることは浩太の夢。舞は父が果たせなかった夢を叶えたいと訴え、めぐみもセミナーに同行した。

左から、結城章(葵揚)、尾藤岳(中村凛太郎)、岩倉舞(福原遥)、長井清二(や乃えいじ)。長井プレス工業にて。圧造機械を借りてボルトを作る舞たち  ※第80話より(C)NHK

会場には多くの中小企業が集まり、設備投資や資金調達など高い参入障壁を訴えた。しかし舞は、複数の企業が協力し、それぞれの得意な技術を組み合わせれば高度な製品を生み出すことが可能だと発言。セミナーに出席していた菱崎重工の重役、荒金正人(鶴見辰吾)は舞の考えに興味を示し、講演後、彼女に声をかけた。菱崎重工は、浩太が工場を継ぐ前に勤務していた会社だった。後日、その荒金がIWAKURAの工場を見学しに来社。会社が大騒ぎになった。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」