球界ここだけの話(2939)

中日へ電撃トレードの涌井秀章は先発陣のリーダーになるのか 〝涌井塾〟で語った思い

サンスポ
中日・涌井秀章は自主トレで黙々と走りこんでいた
中日・涌井秀章は自主トレで黙々と走りこんでいた

昨年11月に楽天から中日へ電撃トレードで移籍した涌井秀章投手(36)が千葉・館山市内で行う自主トレを取材した。

西武に入団しロッテ、楽天とパ・リーグの3球団を渡り歩き、今年でプロ19年目。通算154勝(37セーブ)を積み上げた右腕が大野雄、柳、小笠原、高橋宏ら好投手がそろう先発陣に加わった。

「引っ張っていこうとは思っていないです。いずれにしてもオープン戦で結果を残さないといけない。これまでの移籍したときもそうだったように、周囲からの視線はあると思う。でもマイペースで自分の調整をするのが一番強いかな」

自分のやるべきことを貫けば、おのずと結果はついてくる。ベテランの涌井が数字を残せば、若手への大きな刺激となることは間違いない。

「完投にはこだわりたい。みんなで3から5くらいやって、チームで30完投できればすごい。成績もついてくる。一人がやれば競争意識が生まれると思うから、一番初めにしちゃいたい」。先輩がやれば後輩たちもやらざるをえない。「そうなると思います」。涌井本人も自らの立場を理解している。

自主トレは西武、ロッテで主にトレーニングコーチを務めた大迫幸一氏に師事し、同氏が考える豊富なメニューを黙々とこなす。涌井のストイックな背中を追い、多くの若手選手が〝涌井塾〟で同じ時間を過ごす。

取材した日はDeNA・小園、西武・黒田、巨人育成の横川、木下、独立リーグでプレーする3選手が参加。涌井は自らを慕って集まった若手に知識を注入する。

  1. 泉ピン子とえなりかずき共演NG 橋田寿賀子氏が怒りの暴露で…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  3. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」