公明先手に自民反発 新東京29区・新広島3区に公認候補擁立

産経ニュース
記者会見で衆院新広島3区、新東京29区の公認候補者を発表する公明党の西田実仁選対委員長=25日午前、公明党本部(大島悠亮)
記者会見で衆院新広島3区、新東京29区の公認候補者を発表する公明党の西田実仁選対委員長=25日午前、公明党本部(大島悠亮)

公明党は25日の中央幹事会で、衆院選挙区定数「10増10減」に伴い、新東京29区に岡本三成元財務副大臣(57)、新広島3区に斉藤鉄夫国土交通相(70)をそれぞれ公認した。いずれも自民党が支部長を選任していない選挙区で、自民は強く反発している。今後両党の調整は難航が必至だ。

「衆院選が今の選挙制度である以上、選挙区からできるだけ多くの候補者を擁立していくのは当然だ」

公明の北側一雄副代表は中央幹事会後の記者会見でこう強調した。公明は、自民が候補者未決定の空白区である両選挙区で支部長を決める前に、機先を制し公認候補を発表した形だ。

公明の西田実仁(まこと)選対委員長は25日の記者会見で「区割りに変更があり、新たな選挙区の有権者と接する機会を早くつくる必要があると判断した」と説明した。

公明が候補者擁立を急ぐ背景には、支持基盤の弱体化への強い危機感がある。創価学会の会員を中心とする支持層の高齢化で、公明の比例代表の得票は平成17年衆院選の約898万票をピークに減少傾向をたどり、昨夏の参院選は約618万票にまで落ち込んだ。新たな支持の獲得には「選挙区の候補者を増やし、選挙活動の熱量を増やす必要がある」(党関係者)とみており、10増10減で定数が増える4都県で新たな候補者の擁立を目指している。

今回の公明の発表で、両党の関係がぎくしゃくする可能性がある。西田氏は「自民の茂木敏充幹事長、森山裕選対委員長とも相談、協議し、本日、発表することについて了解をいただいている」と強調した。ただ、自民関係者は「擁立自体に理解を示したわけではない」と解説する。

新29区について都連関係者は「公明は根回しもなくやっているからかなりもめる」(都連所属衆院議員)と語る。実際、新29区が地盤の自民の都議や荒川、足立両区議らは25日夕、党本部を訪れ、茂木氏に独自候補の擁立を求めた。区議の一人は「公明の候補者は応援できない。今の(自民の)両区議の一致した意見だ」と記者団に述べた。

斉藤氏も、令和3年に自民議員が不祥事で辞職した後、自民との調整を待たずに公明が公認を決定した経緯がある。自民広島県連内にはしこりが残っており、広島県連所属の衆院議員は25日、「3区を返してほしい」と述べた。

公明側は自民都連や広島県連に協力を求める考えだが、理解が得られるかは極めて不透明だ。(大島悠亮)

  1. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. NHK「舞いあがれ!」結果を表情で見せる赤楚衛二の演技を朝ドラファン絶賛 舞(福原遥)と手を握り合うシーンは「21秒」

  4. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン