ノロノロ運転に早朝の除雪 約150キロを5倍の時間 道の駅駅長の阿瀬さん「こわかった」

産経ニュース
車中泊をへて一昼夜かけてたどり着いた道の駅=兵庫県香美町村岡区(阿瀬大典さん提供)
車中泊をへて一昼夜かけてたどり着いた道の駅=兵庫県香美町村岡区(阿瀬大典さん提供)

24日夜から25日にかけて、今季最強の寒波に見舞われた兵庫県。同県の日本海側に位置する香美町村岡区の道の駅「あゆの里矢田川」駅長の阿瀬大典さん(45)は、神戸市内から約150キロ離れた道の駅にもどる途中に大雪となり、同県丹波市内での車中泊をへて約16時間かけて25日朝、ようやく道の駅にたどりついた。通常なら約3時間の道のりに5倍以上かかったという阿瀬さんに大雪体験を聞いた。

5年前から駅長を務めている阿瀬さん。24日は道の駅の休業日で、神戸市内で用事をすませて午後6時頃、25日の道の駅営業のため、車で出発した。

北近畿豊岡自動車道を利用するため、丹波市方面に向かって走行。しかし、降雪がしだいにひどくなり、道路一面が真っ白に。自身の車は冬用タイヤだったが、途中、スリップ事故が起きたほか、前を行く車がノーマルタイヤだったこともあり、ノロノロ運転が続いたという。

25日午前0時過ぎには降雪はさらにひどくなり、「このまま運転を続けるのは危険」と判断し、丹波市内のショッピングセンターの駐車場で車中泊をした。すでに約20センチの積雪があったという。

車に普段から積んでいた防寒具と寝袋で仮眠を取ったが、起床した午前6時半の車外の気温はマイナス4・2度。車の周りの除雪に約30分かかり、7時過ぎにようやく再出発。しかし、丹波地域の一般道の除雪作業が追い付かず、ノロノロ運転は続いた。

その後、北近畿豊岡自動車道の養父市・八鹿氷ノ山IC(インターチェンジ)から国道9号に入り、丹波市から約3時間かけて道の駅に無事到着。道の駅の営業に間に合い、駐車場の除雪に汗を流した。

雪道の運転に慣れている阿瀬さんも「これだけ広範囲の大雪は珍しい。走行中、突風で車が大きく揺れ、スリップしてこわかった」と振り返った。

JR西日本 立ち往生の列車内に8時間すし詰め 雪道歩き、体震わせる乗客

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」