「夕暮れに、手をつなぐ」色気たっぷりアリエル(内田理央)に口説かれ固まる音(永瀬廉)に視聴者「表情w」「小動物すぎw」

イザ!
海野音(永瀬廉) (C)TBS
海野音(永瀬廉) (C)TBS

女優、広瀬すずが主演し、King & Princeの永瀬廉と共演する連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系)の第2話が24日、放送され、女優、内田理央演じるアリエルが海野音(永瀬)を口説くシーンが視聴者の間で話題になり、SNSに「ごっつエロい」「硬直したネコ」などのコメントが寄せられた。

とっくに恋に落ちているのに、なかなか恋が始まらない夢追う2人の“世界で一番美しい”ラブストーリーで、恋愛ドラマの名手、北川悦吏子さんが脚本を手掛ける。第1話(17日放送)で、九州の片田舎で育ち、幼なじみの婚約者を追って上京した浅葱空豆(広瀬)が、音楽家を目指す青年、音と運命的な出会いを果たした。

この日、音と所属レコード会社の担当A&R、磯部真紀子(松本若菜)が会社の一室で打ち合わせをしていると、そこへ、取材から戻ったズビダバの2人、アリエルと仮面をつけて活動しているマンボウ(NEWS・増田貴久)が部屋に入ってきた。

ズビダバはアニメの主題歌を担当することが決まっている人気ユニット。真紀子が部屋を出たタイミングで、音はマンボウにファンであることを伝えてサインをお願いし、これに気分を良くしたマンボウは、色紙とペンを探しに退出した。アリエルは音と2人きりになった隙に、隣のイスに移動して「私、デカフェ君(音の活動名義)のファンなの」と話しながら、目線をそらした音の腕にしがみつき体を密着。「私ね、好きな人を見ると触りたくなっちゃうの」とささやき、「好きな人見ると、キスしたくなっちゃうの」と横顔を見つめながら唇を近づけた。突然の展開に音は完全にフリーズ。そこへ、部屋に戻ってくるマンボウの声が聞こえ、アリエルは慌てて音から離れた。

ズビダバのボーカル、アリエル(内田理央) (C)TBS
ズビダバのボーカル、アリエル(内田理央) (C)TBS

アリエルの甘い誘惑にタジタジになる音に、視聴者は「音くん、アリエルに迫られてる時の顔かわいいねぇ」「音くん廉くんの戸惑いと緊張がたまらんです」「アリエル(だーりお)の色気にやられっぱなしのドギマギ音くんかわいい」「音くんの表情最高w」などと爆笑。目を泳がせて、ゴクリとつばを飲み込む姿に「めっちゃ狙われてる音くん」「されるがままなのかわいい」「完全に肉食獣に獲物にされた小動物すぎたなw」といったコメントが寄せられた。

突然のセクシーな口説きに「アリエルはホントに音くんが好きなのかしら?」「アリエルって単なる男好き?それともイケメン音くんだから??要注意人物決定」「少し誘惑してみただけだったのかなぁ」といった疑問を書き込むドラマファンも。また、この日は、アルバイト先のカフェで“謎の美女”菅野セイラ(田辺桃子)から音が「あなたに一目惚れしたの。電話くれない?」と紙に書いた電話番号を渡されたこともあり、「爆モテですな」「アリエルにも一目惚れの謎女にも好意持たれる音くんのモテ期しんどい…」などと嫉妬する人もいた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」