ソフトバンクG申告漏れ 370億円、東京国税局

産経ニュース
ソフトバンクのロゴ(ロイター)
ソフトバンクのロゴ(ロイター)

ソフトバンクグループ(SBG)が東京国税局の税務調査を受け、令和3年3月期までの2年間で、約370億円の申告漏れを指摘されていたことが24日、関係者への取材で分かった。傘下の米携帯電話大手スプリントの合併に絡む費用が過大に計上されていたとされる。対象の2期間いずれも税務申告は赤字で、追徴課税は発生しなかったとみられる。

関係者によると、SBGは2年のスプリントとTモバイルUSとの合併に関し、資産査定や弁護士費用などを雑損失と計上。雑損失は税務上、費用として扱われるが、東京国税局は費用ではなく合併後の新会社の株式取得価格として資産に計上するべきだと指摘したとみられる。

SBGは24日、「法人所得で約370億円の修正申告を行った」とするコメントを公表した。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」