魚のあくび、人間と似ている可能性も 定量的な研究は世界初

(Getty Images)※画像はイメージです
(Getty Images)※画像はイメージです

イワナの稚魚は、水底で動かない状態から泳ぎだす直前にあくびをする傾向があるとする論文を北海道大学大学院が発表した。定量的な研究をもとに、あくびが魚類の行動変化を活発化させる可能性を実証したのは世界初だとしている。

あくび自体は、人間だけでなく多くの種類の生き物で確認されている。三重大学大学院は昨年2月、水族館のジュゴンがあくびをしているのを発見したと発表した。完全に水中で生活する哺乳類としてはハンドウイルカに次いで2例目だった。

人間などの内温動物(外界の温度変化にかかわらず常にほぼ一定の体温を保っている動物)のあくびには覚醒作用があり、行動の活発化を引き起こすと考えられている。その一方で、魚を含む外温生物(外部の温度により体温が変化する動物)が示す「あくびに類似した行動様式」については研究が進んでおらず、内温動物のあくびと異なるものだと見なされてきた。

同大学院水産科学院の山田寛之氏(博士後期課程3年)と同大学院水産科学研究院の和田哲教授は、水槽に入れたイワナの稚魚41匹の行動を観察。10分間の動画をもとに、あくび、水底に身体を接して動かないでいる着底行動、遊泳行動の関係をデータ化した。

検証の結果、23匹が合計48回のあくびをしていた。そのうち32回は着底行動中に行われていて、特に着底行動から遊泳行動に移る直前に集中していることが分かったという。山田氏らは、魚類のあくびの機能が「少なくとも部分的に」人間などが行うあくびと共通している可能性が示唆されたと結論づけて、動物界におけるあくびの起源を理解するのに役立つ研究成果だと述べている。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」