楽天・松井裕樹、WBC使用球に好感触「落ち球とかもいい感じで投げられていた」 早めの仕上げで準備

サンスポ
自主トレを公開した楽天・松井裕樹(撮影・加藤次郎)
自主トレを公開した楽天・松井裕樹(撮影・加藤次郎)

3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に内定している楽天・松井裕樹投手(27)が23日、仙台市の楽天モバイルパークで自主トレーニングを公開した。2017年の前回大会以来、2度目の大舞台へ「自分の野球史の中で、また違った経験ができる。勝ちにこだわっていかなきゃいけない」と視線を鋭くした。

今オフは例年より早めの仕上げで準備を進めており、年明けから既に7度ブルペン入り。練習ではWBC使用球を使っており「落ち球とかもいい感じで投げられていた。そんなに問題はないかな」と手応えを示した。

楽天で守護神として昨季32セーブをマークし、3年ぶり2度目の最多セーブを獲得した左腕だが、侍ジャパンでは「勝利のためにどこでも当然やるつもりでいます。イニングまたぎも問題ない」と身を粉にしてチームのために腕を振る覚悟だ。レギュラーシーズンでは通算200セーブまで3セーブに迫っており史上最年少記録の更新はほぼ確実。「(200セーブは)簡単に通過しないといけない数字。優勝しか目指していない」と言葉に力を込めた。

「しっかりと力になって自分の与えられた役割を全うできるように」と松井裕。10年ぶりの日本一、14年ぶりの世界一へ、2つのチームで頂を目指す。(加藤次郎)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害