パリこそ私①

安藤友香 苦しくても、今度は逃げない

産経ニュース
大阪国際のコース試走を終え、リラックスした表情を見せる安藤友香(渡辺大樹撮影)
大阪国際のコース試走を終え、リラックスした表情を見せる安藤友香(渡辺大樹撮影)

「第42回大阪国際女子マラソン」は29日に号砲を迎える。パリ五輪代表選考会となるMGCの前哨戦ともいえるレース。新たな決意を胸にスタートラインに立つ選手の姿を追った。

鮮烈デビュー

「全力を出して、やり切ったと思えるレースをしたい」。今回の大阪国際が8回目のマラソンとなる安藤友香(ワコール)は何度も繰り返す。初マラソンだった2017年名古屋ウィメンズで2時間21分36秒をマークし、鮮烈なデビューを飾ってから約6年。「自分から攻めたレースはしたことがない」とのジレンマを抱えているからだ。

19年に東京五輪代表選考会として開催された「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」もそうだった。満足のいく練習が積めていても、いざスタートラインに立つと不安や恐怖に襲われた。「苦しい場面で自分と戦うことから逃げ、放棄したレースになった」。2時間36分29秒の8位と惨敗。東京五輪マラソン代表の座は遠かった。

福士から刺激

初マラソンの後は、両手を下にだらりと下げる走法が〝忍者走り〟と称され、現役最速ランナーとしても脚光を浴びた。「それで天狗(てんぐ)になってしまった自分がいた」。17年に初めて出場した世界選手権(ロンドン)では世界の強豪に歯が立たず、挫折を味わった。

転機になったのは、19年のワコール移籍だった。「テレビで見る、すごい選手」だった福士加代子(現ワコール陸上部アドバイザー)が練習で情けない自分をさらけ出している姿を目の当たりにした。五輪に4大会連続で出場している選手でも、弱い自分と向き合っていた。「自分に勝った選手が強い選手なんだと分かった」。常に目の前の自分と向き合っていくことを心に誓い、練習で聞く音楽も「逃げない」ことをテーマにした歌詞を選ぶようになった。

ワコールに移籍してから5000メートル、1万メートル、ハーフマラソンで自己ベストを更新。東京五輪には1万メートルで出場できた。ただ、マラソンだけは6年前の自分を上回れずにいる。

「パリ五輪はやっぱりマラソンで出場したいので、MGCに向けて何かを得られるレースにしたい。失敗してもいいや、ぐらいの感覚で思い切って挑戦できれば」

苦しい場面で前へ攻めるレースができたとき、過去の自分も超えることができる。(丸山和郎)

あんどう・ゆか 1994年3月16日生まれ、岐阜県出身。愛知・豊川高を卒業後、時之栖(ときのすみか)、スズキ浜松ACなどを経て2019年にワコールに入社。今回が8回目のマラソンで、自己ベストは2時間21分36秒(17年名古屋ウィメンズ)。一昨年の東京五輪は1万メートルに出場して22位。

  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」