全国に出現する「ぶつかり男」 被害者に非はなくとも泣き寝入りせざるを得ない構図

ポストセブン
全国の人が多く行き交う繁華街、駅などに「ぶつかり男」が出現している(イメージ、AFP=時事)
全国の人が多く行き交う繁華街、駅などに「ぶつかり男」が出現している(イメージ、AFP=時事)

日本は治安がよいと長らく言われてきたとおり、世論調査によると、日本は安全、・安心な国だと85.1%が思っている。ところが、同調査では、ここ10年で日本の治安は悪くなったと思っている人が54.5%となった(令和4年3月「治安に関する世論調査」)。ライターの森鷹久氏が、治安の悪化を感じる事件のひとつ「ぶつかり男」被害の深刻さについてレポートする。

* * *

2022年末、東京・渋谷のセンター街を歩く女性にわざとぶつかっていく男の様子が撮影された映像がSNSで拡散され、話題になった。男は撮影の直後、現場に臨場した警察官によって身柄を確保され、その後逮捕されるとテレビニュースでも取りあげられた。騒動を取材したキー局社会部記者が振り返る。

「逮捕された男は、混雑しているわけでもない通りで、二人で歩いていた女性の片方に急にぶつかっていき、驚いて立ち止まった女性にさらにもう一度体を強くぶつけました。両者に面識はなかったとみられ、男はいわゆる”当たり屋”的な行動をとっていたのではないかと思われます。こういった”ぶつかり男”は、都内のあちこちで目撃されていて、他に複数いるとみられています」(キー局社会部記者)

実際、SNSで検索すると、都内をはじめ、全国の繁華街やターミナル駅などで「ぶつかり男」の被害に遭ったとか、そういう男を見かけたという書き込みが複数散見される。何人かの書き込み主にコンタクトを取ったところ、複数人が匿名を条件に取材に応じた。

「私が被害に遭ったのは、JRの新宿駅構内です。まっすぐに歩くのが困難なくらい混雑していたんですが、急に目の前に男性が現れて、思い切り肩をぶつけられました。驚きと痛みでその場に立ち尽くしていたのですが、男性は他の女性にもぶつかっていて、故意なのは明らかでした。すぐ近くの交番に駆け込んだのですが、すでに男性の姿は消えてしまった」

こう話すのは、都内の大手保険会社勤務・辻川ゆかりさん(仮名・30代)。被害にあったのは昨年夏のことだというが、SNSで見たことがあった「ぶつかり男」の被害にまさか自分が遭うとは思わず、それ以降、人混みが怖くなったという。

「人混みを避けて遠回りをしたり、できるだけ道の端を歩くようにしていますが、またこの前の男性みたいな人がぶつかってくるんじゃないかと思うと怖くてたまらない。ぶつかってきた男性は小柄でしたが、力はとても強く、一歩間違っていたらケガを負っていたはずです。本当に怖い」(辻川さん)

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」