エンタなう

メキシコの闇社会で誘拐犯に挑んだ母親 ドキュメンタリーを超える緊迫感と強烈なリアリティー 映画「母の聖戦」

ZAKZAK
強い母シエロを演じるのはメキシコの名女優、アルセリア・ラミレス
強い母シエロを演じるのはメキシコの名女優、アルセリア・ラミレス

メキシコの実話をベースに巨大化された誘拐ビジネスの闇に迫った映画「母の聖戦」の緊迫感にたじろいだ。娘を取り戻すためわが身を投げ打って組織に挑んだシングルマザーの体験ルポを見ているかのようだ。

年間6万件にも及ぶ誘拐事件が頻発しているというメキシコの中でも、舞台となる北部はコカイン取引の拠点があるため、とくに物騒らしい。

シングルマザー、シエロのひとり娘ラウラは年頃の反抗期。彼氏とデートに行ったきり、消えてしまった。シエロは誘拐犯に脅され、なけなしの20万ペソ(約135万円)の身代金を払うが、娘は帰らない。警察に取り合ってもらえず、元夫や地元の顔役も頼りにならない。自力で娘を奪還することを胸に誓い、捨て身で調査に乗り出す。そんな中、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉が情報提供と引き換えに、娘の救出への協力を持ちかけ、ともに組織に乗り込む危険な賭けに出た。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  3. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」

  5. 熊本県ならどの家庭にもくまモン1匹はいる?「水ダウ」企画に反響「ガチわかる」「いない方が珍しい」