花田紀凱の週刊誌ウォッチング

(908)『朝日』休刊と『新潮』の意地悪スクープ

産経ニュース
野田聖子衆院議員(矢島康弘撮影)
野田聖子衆院議員(矢島康弘撮影)

『週刊朝日』の5月休刊が発表された。

大正11(1922)年に創刊、昨年は表紙に「創刊100周年!」と大きく打っていたが、部数減(最新の実売部数調査では4万5824部)に耐えきれなかったということだろう。

ぼくは「すぐれた家庭誌」として評価していたが、内容的にはこのところ迷走気味だった。

内館牧子さんの連載コラム「暖簾(のれん)にひじ鉄」が読めなくなるのが残念。

『週刊新潮』(1月26日号)が『新潮』ならではの意地の悪いスクープ。

「『野田聖子前大臣』夫婦で訴訟会見の翌日に『元暴力団夫』がラブホ不倫」

平成30年、野田聖子議員の夫が、かつて指定暴力団会津小鉄会系の組員だったと報じた『週刊文春』と『新潮』を提訴。最終的に最高裁まで上告したが夫側は敗訴。

〈「暴力団員であった過去は最高裁により認められた」(社会部デスク)〉

それを不服として、夫が、今度は、『文春』に情報を流したと〈「国に対して1100万円の損害賠償などを求める訴訟を起こした」(同)〉。

その記者会見に夫婦そろって臨んだ翌日夜に、夫が、六本木のラブホで不倫。動かぬ証拠のグラビアまで突きつけられては、さすがに、グウの音も出まい。

このところ毎週、コロナワクチンへの疑問を報じている『新潮』に刺激されたのか、『文春』(1月26日号)のトップは「コロナ死者6万人とワクチン危険論を徹底検証 ワクチンの噓と真実」。

いかにも遅い。しかも結論として「一人ひとりの冷静な判断が求められている」。

オイオイと言いたくなる。

『ニューズウィーク日本版』(1・24)の大特集は「ウクライナ戦争2023」。

ジョージタウン大学教授のサム・ポトリッキオ氏(同誌コラムニスト)がリポートの中でこう嘆いている。

〈この戦争のとりわけ恐ろしい点の1つは、プーチンが諦めることはないということだ〉

こうなりゃ、プーチンの病死を待つか、暗殺しかないのでは?

(月刊『Hanada』編集長)

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう