児童書

『ねことワルツを』フジコ・ヘミング絵、石津ちひろ文

産経ニュース
『ねことワルツを』
『ねことワルツを』

「魂のピアニスト」と称されるフジコ・ヘミングさんはまた、独特のぬくもりある絵でも多くのファンを魅了してきた。

本作は、詩人・絵本作家の石津ちひろさんが愛くるしい猫たちを表現した15編のことばに、ヘミングさんが絵で応えたもの。早口ことばあり、韻を踏む詩あり。リズミカルな文と、のびやかでいて、少し哀感のある絵との融合がすばらしい。

表題作「ねことワルツを」は、幼い女の子がお父さんとワルツを踊る喜びと、来るべき別れの悲しみを詠んだ詩。(福音館書店・2420円)

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン