勝者のワザ

優勝を引き寄せたチップインバーデイー ソニーオープン・イン・ハワイ優勝、キム・シウ

ZAKZAK
完璧なバランスで振り切るキム(いずれもUSA TODAY)
完璧なバランスで振り切るキム(いずれもUSA TODAY)

首位から3打差の5位タイからスタートしたキム・シウが、逆転でツアー4勝目を挙げた。ソニーオープン・イン・ハワイの最終日。通算17アンダーパーで首位に1打差と迫って迎えた大詰めの17番パー3でクラッチショットを見せた。ティーショットをグリーンサイドのエッジにはずしたが、ここからのアプローチショットをカップインさせるバーディーでトップに並び、最終18番パー5も2オン2パットのバーディーとしての逆転Vであった。

グリーンをはずしたとはいえ、芝生は短く刈り込まれていて、グリーンまでは2ヤード足らず。そしてそこからカップまでは7ヤードほど。アマチュアならパターでの寄せも考えていい状況だった。

キムは、ウエッジを手にした。グリーンに直接キャリーさせ、そこから転がるショットをイメージしての選択だった。パターで転がす場合は、短く刈り込まれていても、どのくらいボールの勢いに影響されるかを読み切るのは難しい。もちろん寄せるだけなら、そこまで厳密に計算しなくてもいいだろう。

カップインを狙うなら、計算しにくい芝生の部分をキャリーで越えさせて、ファーストバウンドをグリーン上にした方がそこからの転がりは読みやすくなる。

さて、この場合の打ち方だ。実は、花道やグリーン周りで芝生が刈り込まれている状況からの寄せをミスして落ち込んでしまうアマチュアは少なくないようだ。ザックリやトップ。忌まわしいミスである。不安があるなら、迷わずにパターを選択しよう。アプローチショットを選択するなら鉄則がある。テークバックでクラブヘッドを持ち上げないことだ。胸郭をターンさせる。あるいは左肩をターンさせる。どちらを意識するかは、やりやすい方でいい。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」