北九州市長選、あす告示 北橋市政の「継承」「転換」が争点 国政への影響も

産経ニュース

北九州市長選(2月5日投開票)は22日告示される。無所属新人4人が立候補する見通しで、4期16年務めた現職の北橋健治市長(69)の路線継承の是非が焦点となる。かつて人口100万人を超える都市だったが、現在は約92万人まで減った。経済再生と人口減少対策には暴力団対策も鍵を握る。選挙結果は次期衆院選をめぐる自民党内の公認争いにも影響しそうだ。(千田恒弥)

「北橋氏が4期16年間、市政を担い、本当に安全・安心な街になった」

「オール北九州力」を掲げ、自民、公明、立憲民主、国民民主の与野党が推薦する元国土交通省職員の津森洋介氏(47)は19日、市内で開かれた自民党決起集会で北橋市政の継承と発展を訴えた。

同時に「かつて四大工業地帯として日本を引っ張り、世界の中心となった北九州を必ず取り戻したい」と呼び掛けると、600人ほどの聴衆から大きな拍手が起こった。北橋氏は自らの「後継」とした津森氏の演説に目を細めた。

集会には林芳正外相(衆院山口3区)が関門海峡を越えて激励に来たほか、県連重鎮の蔵内勇夫県議、選対本部長を務める大家敏志参院議員(参院福岡選挙区)らも出席し、〝オール自民党〟を印象付けた。

市長選の焦点は4期16年の北橋市政の評価となる。

北九州市は全国唯一の特定危険指定暴力団・工藤会の本拠地があり、これまで市民や企業を狙った襲撃事件が相次いだ。北橋氏は平成19年の就任以来、暴力団排除条例制定や官民一体の暴力追放運動などを主導してきた。福岡県警が26年から工藤会幹部を次々と逮捕する「頂上作戦」とも相まって、「修羅の国」との印象は薄れてきた。

北橋氏は暴力団対策に重点を置く一方、大規模な洋上風力発電や水素エネルギーのプロジェクト、北九州空港滑走路延伸計画などにも取り組んだ。だが、若年層の人口流出は止まらず、市の高齢化率は31・3%(令和4年3月末時点)と全国の政令指定都市の中でも高い。産業再生、少子高齢化対策は待ったなしだ。

津森氏が北橋市政の「継承と発展」を訴えるのに対し、元厚生労働省職員の武内和久氏(51)は「聖域なき北九州改革」を掲げる。武内氏は一部の自民党市議や末吉興一元市長らの支援を受けながら、SNSや個人のつながりを軸にした「草の根」の選挙運動を展開し、無党派層への支持拡大を狙う。

「今回は16年ぶりに市長、街の流れを変える大きな選択のときだ。人口減少が進み、企業が減り、若い人たちが、この街から出ていく流れを一緒に変えていこう」

19日夕、武内氏は北九州市立大で開かれた公開討論会で北橋市政の転換の必要性を訴えた。武内氏は北九州が持つモノづくりの技術や交通インフラなどの潜在力を生かして街を復活させると主張し、「リスクをとってチャレンジする人がリスペクトされる街にしていきたい」と呼び掛けた。

武内氏は産経新聞の取材に応じ、今回の市長選について「衰退か発展かが争点だ。今までの市政は北九州が持つ底力を出していない。人口減少を食い止め、新しい成長・安心の道筋をつけたい」と述べた。北橋氏は武内氏側の批判に「何が失われた16年だ! 残り僅かな期間だが、津森氏への支持を浸透させていきたい」と周囲に語り、両陣営の舌戦は熱を帯びる。

市長選の結果は市内に2つある衆院福岡9、10区をめぐる自民党内の公認争いの行方を左右しそうだ。現在、両選挙区の自民党公認候補は白紙のままで、現職の国会議員や県議、市議が公認獲得を目指す。市長選後をにらみ、実力者たちもうごめく。

実際、小競り合いも起こっている。津森氏の支援をめぐり、自民党の麻生太郎副総裁(衆院福岡8区)と対立関係にある武田良太元総務相(同11区)が菅義偉前首相との街頭演説を計画したが、県連などの猛反対で頓挫した。県政事情通は「市長選で勝った陣営が党公認を勝ち取り、真の実力者となる」と話した。

市長選には共産党推薦で県常任委員の永田浩一氏(57)と広告会社役員の清水宏晃氏(39)も立候補する見通しだ。

19日の討論会には4氏が顔をそろえた。永田氏は子供の医療費と給食費、国民健康保険料の3つのゼロの実現を掲げており、「市民の暮らしをしっかり受け止め市政運営にあたりたい」と述べた。一方、清水氏は「街の衰退を止めたい、その一心だけだ」と語り、若年層の人口流出対策に全力で取り組むと訴えた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」