ダッグアウトの裏側

ツインズ・コレアの「出戻り」騒動 ジャイアンツ、メッツと合意報道も破綻、理由は右足首の古傷 FAになった代償も

ZAKZAK
藤浪も担当した辣腕代理人、ボラス氏(右)は難航を極めたコレアの契約がまとまり一安心=11日、米ミネアポリス(AP)
藤浪も担当した辣腕代理人、ボラス氏(右)は難航を極めたコレアの契約がまとまり一安心=11日、米ミネアポリス(AP)

米大リーグは今オフ、FA市場が大盛況。ヤンキースからFAとなったアーロン・ジャッジ外野手(30)が、9年総額3億6000万ドル(約464億円)で残留を決めるなど大型契約が相次いだ。

2022年シーズンから今オフの間に、10年以上の長期契約を交わしたのは5選手(所属先との延長を含む)。そんな中、2度も10年以上の契約で合意しながら、結局出戻りとなったのがツインズのカルロス・コレア遊撃手(28)だ。

昨年12月にジャイアンツと13年総額3億5000万ドル(約449億円)で合意と報じられたが破談。直後に12年総額3億1500万ドル(約404億円)でメッツと合意したが、入団には至らなかった。

理由は右足首の古傷。正式契約前に行われる身体検査で、両球団から長期契約はリスクが高いと判断された。19歳で痛めマイナー時代の14年に手術。「(メジャー昇格後)足首を理由に欠場したことはない。痛みもないのに、8~10年後が不安とは理解できない」とコレア。検査後に年数も金額も半分で再オファーしたメ軍には、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」で猛反論していた。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗