新型コロナ「5類」移行 岸田首相発言全文

産経ニュース
新型コロナに関する関係閣僚協議を終え、記者団の取材に応じる岸田首相=20日午前、首相官邸
新型コロナに関する関係閣僚協議を終え、記者団の取材に応じる岸田首相=20日午前、首相官邸

岸田文雄首相は20日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけについて今春に季節性インフルエンザと同等の「5類」への緩和に向け、厚生労働省厚生科学審議会の感染症部会の専門家に議論を求める考えを明らかにした。官邸での記者団とのやり取りは次の通り。

冒頭

「新型コロナ感染拡大から約3年が経過した。国民の皆さん、そして、現場で働く医師、看護師、介護職員などエッセンシャルワーカーの皆さんのご協力をいただきながら、感染の波を乗り越え、ウィズコロナへの移行を進めてきた」

「足元の感染状況については、感染防止対策や医療体制の確保に努め、いわゆる『第8波』を乗り越えるべく、全力で取り組む所存だが、その一方で新型コロナの感染症法上の位置づけについて、昨年11月以降、専門家に新型コロナの見直しに向けた議論の深堀りをお願いし、ウイルスの病原性、感染力の評価などを行ってもらってきた」

「そして先週には専門家有志から新型コロナの感染症法上の位置付けに関する考え方も示していただいた。これらを踏まえて、先ほどの(関係閣僚との)会議で原則として、この春に新型インフルエンザ等感染症から外し、5類感染症とする方向で、専門家に議論していただきたいということを確認した次第だ」

「感染症法上の位置づけの変更に伴い、感染患者や濃厚接触者の外出自粛について見直すことになる。医療提供体制や現在講じている公費支援についても、具体的な検討を進める。これらを含めウィズコロナへの取り組みをさらに進め、平時の日本を取り戻していくため、これまでのさまざまな政策措置の対応を段階的に移行することとし、具体的な検討、調整を進める」

「また、マスク着用の考え方などの感染対策のあり方についても見直していくことになる。なおワクチンについては、類型の見直しに関わらず、予防接種法に基づいて実施することになる。まずは現在実施しているものについて、多くの皆さんに接種をお願いする。今後の接種のあり方についても検討を進めており、結論を得たい。詳細については、加藤勝信厚生労働相と後藤茂之経済再生担当相から改めて説明をさせていただく。これらのことを先ほどの会議で確認した次第だ」

質疑

--新型コロナの分類引き下げは、コロナ対策の大きな転換となるが、足元では死者数が増加している

「第8波を乗り越えるべく、全力を尽くしているところだ。引き続き全力で取り組む。ウィズコロナへの移行もこれまで進めてきたところだが、平時の日本を取り戻すべく、原則としてこの春、感染症法の分類を見直すことを確認した。詳細については加藤、後藤両氏に今後説明させていただきたい」

--5類移行の具体的な日時は

「タイミングは春ということを先ほど確認した。具体的な日にちについては、現場の準備にも関わる話のため、調整を引き続き行い、できるだけ早いタイミングで確認をしたい」

--死者数が増える中、時期尚早との受け止めもあるが、なぜこの時期の判断なのか

「先ほど申し上げた通りだ。昨年からできるだけ早いタイミングでこの判断をすべきだという議論が行われてきた。そして先週には、専門家有志から新型コロナ感染症法上の位置付けに関する考えも示していただいた。これを踏まえて、原則的に今年の春、感染症法の分類を見直すスケジュールを確認した」

岸田首相、今春に「5類」緩和方針を表明 新型コロナ

岸田首相、感染者らの外出規制も見直す方針

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態