インクジェットプリンターへの置き換えでCO2削減、DXと環境対策のアドバイスも エプソン販売

地球温暖化対策を進める政府は、温室効果ガスの排出量を2030年度までに13年度比で46%削減して50年度には実質ゼロ(カーボンニュートラル)を達成するという目標を掲げている。多くの企業がエアコンの温度設定見直しやLED照明への転換といった節電施策に取り組んできたと思うが、これ以上の対策は難しいと手詰まり感も漂っているように感じられる。

このような中、エプソン販売は『誰でも、カンタンに、すぐにでも実行できる』脱炭素施策としてレーザープリンターから消費電力が少ないエプソンのスマートチャージ(インクジェットプリンター)に切り替えるだけで二酸化炭素(CO2)の排出量を47%以上(※1)削減できると提案。さらに、環境対策と利益創出のバランスに悩む企業にアドバイスを行うサービスにも注力し、無理なくSDGs(持続可能な開発目標)に取り組みたい企業や団体をサポートする姿勢を示している。

CO2削減量を「杉の木」で例えると…

レーザー方式で印刷したばかりの用紙から、ほのかな温かさを感じたことはないだろうか。これはトナーという粉を紙に転写して文字や図形を描いて、熱と圧力で定着させているのが主な理由だ。

近年は省エネ化が進み、従来品より低い温度で溶けるトナーを用いることで必要な熱量と消費電力を押し下げる試みもあるが、熱を必要とする工程があることに変わりはない。さらに電源を入れてから印刷できるようになるまでにウォームアップという準備段階があり、ここでも熱が発生してしまう。

これに対してインクジェット方式の仕組みと印字プロセスはシンプルだ。プリントヘッドという部品から微小のインク滴を紙に出す「吐出」という工程が大部分を占めるので消費電力を抑えられる。

エプソン販売は、レーザープリンターからエプソンのインクジェット複合機<LX>シリーズに変更すると5年間で削減できる電力量は1台あたり135.98kwhに上ると試算(※2)。CO2を約63キログラム削減する(※3)ことと同等の貢献ができるとしている。約63キログラムというと理解しにくいかもしれないが、エプソン販売は「約7本の杉の木が1年間で吸収するCO2量(※4)に相当します」と説明し、環境貢献のインパクトを強調する。

また、エプソン販売によるとインクジェットプリンターは構造もシンプルであるためにメンテナンスコストが低く、定期的に交換する部品はレーザープリンターより少ない(※5)という。熱によってプリントヘッドなどの重要な部品が劣化する事態が起こりにくいという事情もあり、シンプルさがここでもメリットを生んでいるようだ。

部品の交換と廃棄を減らすことによる資源節約だけでなく、輸送や梱包材などが環境に与える負荷まで軽減されると考えられる。インクジェットプリンターとレーザープリンターの印字プロセスの違いは、そのまま総合的な環境性能の差につながっていると言えるだろう。

今回、エプソンは2023年2月に、新商品としてA3用紙を毎分40~60枚印刷できる複合機<LM>シリーズ3機種を投入する。印刷枚数が少ない小規模事業者と、毎分100枚の高速印刷性能を求める大規模オフィスの中間にある“中速帯”のニーズに応えることで利用者の拡大を見込む。ビジネス利用ではレーザープリンターが優勢だが、オフィスにおける消費電力の10%を占める「プリンター・複合機」(※6)の一部をインクジェットプリンターに置き換えていくだけでも、社会の脱炭素化に貢献できることになる。

オフィスにおける電力消費の内訳(※6)

インクジェットプリンターは、印刷した文字や画像がにじみやすいと思われがちだが、全色顔料インクを採用したインクジェットプリンターは水に濡れてもにじみにくく(※7)、普通紙でも鮮明なカラープリントを実現するので、ビジネス文書にも安心して利用できる。

ランニングコストの課題については、「エプソンのスマートチャージや大容量インクタンクモデルなどの豊富なラインアップを揃えており、お客様に適した機種を選んでいただける」(エプソン販売)という。

インクジェットプリンターの環境性能についての詳細はこちら

環境対策とDXのバランス

省エネ、小型化、精度追求を意味する「省・小・精」はエプソンブランドを象徴する言葉だ。エプソン販売では、これまでに培ったものづくりの知見を生かして、環境対策に強みを持つパートナー企業との協業で中小企業向けのソリューションサービス「環境/DXに関するアセスメントサービス」をスタートしている。

このサービスは、デジタル技術でビジネスを変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)と脱炭素社会への転換を目指すGX(グリーントランスフォーメーション)について26の設問に答えると、取り組みのレベルや、置かれている状況に合った専門的なアドバイスを受けることができるという。持続可能な社会を実現するために環境貢献をしながら、利益を生み出して会社自体を持続可能にする道を探るというわけだ。

インクジェットプリンターへの置き換えやソリューションサービスの提案は、脱炭素化が喫緊の課題であると知りながら何をしていいか分からない企業や団体をサポートする部分で通底している。環境貢献で取り組み強化の一歩を踏み出す人たちの背中を後押しするエプソン販売は、プリンター業界にとどまらず社会で大きな役割を担っているといえそうだ。

「環境/DXに関するアセスメントサービス」の申し込みはこちら
提供 エプソン販売株式会社

※1 エプソンのスマートチャージ対応A3複合機各機種のTEC値とENERGY STAR画像機器基準Version3.0にて定められたTEC基準値で比較した場合の削減比率。(<LX>シリーズは60ppm機、<LM>シリーズは40ppm機、<PX>シリーズは24ppm機のTEC基準値と比較)

※2 削減電力量の算出方法:ENERGY STAR画像機器基準Version3.0にて定められた60ppm機のTEC基準値と、同基準の測定方法に基づきエプソンで算出したLX-10050MFのTEC値との差を算出。

※3 CO2排出量は、環境省の「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」に掲載の算定方法(電気使用量×単位使用量当たりの排出量)を用い、「令和3年提出用」に掲載の係数(代替値0.000470t-CO2/kWh)を使用し算出。

※4 杉の木のCO2吸収量は、林野庁の2015年2月公開資料に基づき、杉1本あたり8.8kg-CO2に換算。

※5 <LX>シリーズで月2万ページ印刷した場合。印刷枚数が120万枚を超えると、給紙ローラー、搬送ベルトユニット、フィルター以外の交換部品も必要になります。一般的なレーザープリンターとしての定期交換部品のイメージです。実際の消耗品・定期交換部品の種類や個数は機種によって異なります。

※6 エプソン調べ。SOMPOリスケアマネジメント株式会社への委託調査に基づく(2018年3月)

※7 印刷した用紙を水に濡らした環境は、エプソンが保証するものではありません。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」