有本香の以読制毒

マカオのカジノ業者・サンシティ創業者に実刑判決 日本のIR計画は大丈夫か… 和歌山「断念」は大正解、強い黒社会との親和性

ZAKZAK
マカオの街並み
マカオの街並み

和歌山県が昨年4月、IR(カジノを含む統合型リゾート施設)誘致計画を断念したことを、ご記憶の向きもあるだろう。同県は、自民党の二階俊博元幹事長の地元である。

頓挫の直接の理由は、県が国に申請する予定だった「区域整備計画の認定」を、和歌山県議会が反対多数で否決したことだった。

「否決は痛恨の極み」と語った仁坂吉伸知事はもちろん、実力者・二階氏もIRに大乗り気だったものが、ひっくり返されたのだ。県内外に驚きが広がるとともに、「二階氏の力に陰り…」などとも噂された。

この和歌山県議会の否決はまったく正しかったと筆者は見るが、この判断に少なからず影響を与えたと見られる事件の判決が昨日、和歌山から遠く離れたマカオで下された。

マカオ初級法院(第一審裁判所)は18日、カジノ仲介業(ジャンケットプロモーター)サンシティグループ(太陽城集団)の創業者、アルビン・チャウ(周焯華)被告に対し、禁錮18年の実刑判決を言い渡したのである。英BBCやマカオ新聞などが同日報じた。

チャウ被告が逮捕されたのは2021年11月。実に、計289もの罪で起訴されたが、今般、初級法院はうち162の罪を認定した。その中身はというと、犯罪シンジケート設立、許可施設内などにおける違法賭博経営、詐欺、詐欺未遂…。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…