東証、円安進行で反発 午後に買われ148円高

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区(鴨志田拓海撮影)
東京証券取引所=東京都中央区(鴨志田拓海撮影)

20日の東京株式市場の日経平均株価は反発した。終値は前日比148円30銭高の2万6553円53銭。外国為替市場で円安ドル高が進み、輸出関連企業を中心に業績が改善するとの期待から、午後に入って買いが膨らんだ。

東証株価指数(TOPIX)は11・25ポイント高の1926・87。出来高は約9億5200万株だった。

円安の動きは、前日の米長期金利の上昇で日米の金利差拡大が改めて意識されたためで、自動車など幅広い銘柄の上昇につながった。また、平均株価が前日に400円近く下落し、割安感が出た銘柄を買い戻す動きもあった。

一方、前日の米国市場がハイテク株を中心に下落した流れを引き継ぎ、電機や半導体関連銘柄の一角は売られ、相場の重しとなった。朝方は下落で始まり、しばらく前日終値を挟んで一進一退が続いた。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態