熊本で20日からジブリ展 4月には神戸へ

産経ニュース
「ジブリパークとジブリ展」の展示室の入り口には「となりのトトロ」のネコバスがあり、中に入ることもできる=熊本市中央区の熊本県立美術館(すべて渡部圭介撮影)
「ジブリパークとジブリ展」の展示室の入り口には「となりのトトロ」のネコバスがあり、中に入ることもできる=熊本市中央区の熊本県立美術館(すべて渡部圭介撮影)

昨年11月に開園した「ジブリパーク」(愛知県長久手市)誕生や、スタジオジブリ作品の制作の舞台裏を紹介する「ジブリパークとジブリ展」の開会式と内覧会が19日、会場の熊本県立美術館(熊本市中央区)で行われた。同展は20日に開幕し、3月26日まで。その後、神戸市立博物館(同市中央区)でも4月15日~6月25日に開催(主催・産経新聞社など)される。

展覧会では、ジブリ作品の制作資料が数多く展示され、「となりのトトロ」に登場するネコバスは中に入れるなど、作品の世界に浸れる仕掛けも用意されている。ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督が描いたイメージスケッチや建築模型なども並べられ、公園ができあがる過程や宮崎監督の「意図」を明らかにしている。

「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆婆(ゆばーば)の”等身大”模型=熊本市中央区の熊本県立美術館
「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆婆(ゆばーば)の”等身大”模型=熊本市中央区の熊本県立美術館

アニメーションを立体的に描く「3DCG」の制作過程や手描き時代との違いを丁寧に解説するコーナーもあり、さまざまな知恵と職人たちの腕によって成立するアニメ制作を体感できる。

「ジブリパークとジブリ展」の開会式で行われたテープカット=熊本市中央区の熊本県立美術館
「ジブリパークとジブリ展」の開会式で行われたテープカット=熊本市中央区の熊本県立美術館

開会式で早田章子館長は「ジブリ作品はいつの時代も幅広い世代に愛されている。十分にその世界を堪能していただけると思う」とあいさつ。スタジオジブリの橋田真社長室長は「こんな細かいところまでこだわっているのか、というのを感じてほしい。子供には難しいかもしれないが、感性の鋭さで分かってもらえるのでは」とアピールした。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう