東証、一時300円超安 米景気先行き懸念で売り

産経ニュース
東京証券取引所の外観=東京都中央区(荻窪佳撮影)
東京証券取引所の外観=東京都中央区(荻窪佳撮影)

19日午前の東京株式市場の日経平均株価は反落した。前日の米国株式市場が米景気の先行き懸念を背景に下落した流れを引き継ぎ、売り注文が優勢だった。前日終値からの下げ幅は一時300円を超えた。

午前10時現在は前日終値比298円93銭安の2万6492円19銭。東証株価指数(TOPIX)は13・22ポイント安の1921・71。

前日の米ダウ工業株30種平均は、米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な利上げを続けるとの警戒感が再燃し、景気後退懸念が強まったことから下落した。

19日の東京市場もこの流れを受け、幅広い銘柄が売られた。外国為替市場で円高ドル安が進行したことも相場の重しとなった。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態