ラグビーコラム

エディー・ジョーンズ氏がオーストラリア代表監督就任 いろいろな意味でW杯開幕まで目が離せない

サンスポ
エディ・ジョーンズ氏(右)
エディ・ジョーンズ氏(右)

【ノーサイドの精神】

イングランド代表のエディー・ジョーンズ監督が昨年12月に解任されたと思ったら、母国のオーストラリア代表監督に就任した。前任のデーブ・レニー監督は解任。W杯イヤーに入り、いろいろと動き出した。

イングランドといえば、口さがない大衆紙の辛口ぶりがつとに有名。どんな論調なのか、探ってみた。

サン紙はイングランドのファンのツイートをさらっていた。「エディーはイングランドのチームについて全てを知っているからね」「イングランドはオーストラリアに負けるんじゃないの」。エディーさんの後任のスティーブ・ボーウィック監督も、一緒に仕事をした仲間。性格まで知り抜かれている。

デーリー・メール紙はオーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルドの記事を引用する形で「イングランドのことは考えていない。最も重要なことは、オーストラリアが本当にいいプレーをし、それを一貫して継続することだ」と、エディーさんが語ったとしている。

今年9月開幕のW杯フランス大会で、オーストラリアは1次リーグC組に入り、イングランドはD組。どちらかが1位でもう片方が2位で1次リーグを通過した場合、準々決勝で激突する(それ以外の場合、当たるなら決勝)。イングランドの動向には、同じ組の日本も関わってくる。いずれにせよ、両紙ともエディーさんより、イングランドに矛先を向けているように感じた。

エディーさんの任期は2027年まで。27年にはオーストラリアでW杯が開かれる。その前の25年には英国系4協会の代表である「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」がオーストラリアに遠征する。エディーさんはワラビーズを率いて迎え撃つわけで、オーストラリア協会はエディーさんに相当な信頼を寄せている。レニー体制で、昨年は14戦してわずか5勝しかできなかったのだから、それも仕方ないだろう。

ところで昨年7月、イングランド代表がオーストラリアに遠征し、シドニーでオーストラリア代表を21-17で破った後、地元のファンがエディーさんに「裏切り者」などと罵声を浴びせ、エディーさんが激高するハプニングがあった。そのあたりのわだかまりは解消できているのか。根に持つタイプのエディーさんだけに〝雪解け〟は必要な気がする。

まあ、オーストラリア人は概してイングランド人よりおうようだから、ワラビーズの成績が上がってくれば、称賛の声が満ちてくるのだろうが。W杯開幕まで、エディーさんの周辺からは目が離せない。(田中浩)

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態