「淀ちゃん」の処理作業始まる 死因調査へ

産経ニュース
処理作業が始まり、ボートで曳航されるマッコウクジラの死骸 =18日午前、大阪市此花区(柿平博文撮影)
処理作業が始まり、ボートで曳航されるマッコウクジラの死骸 =18日午前、大阪市此花区(柿平博文撮影)

大阪湾の淀川河口付近で確認され、交流サイト(SNS)上で「淀ちゃん」と名付けられたものの13日に死んでいることが確認されたマッコウクジラについて、大阪市は18日、川岸に漂着した死骸の処理作業を始めた。

同日中に同市此花区の川岸からボートで岸壁まで曳航(えいこう)。バージ船(はしけ船)に積み替えて体内にたまったガスを抜き、専門家による学術調査を実施する。胃の内容物や死因の特定などを進めた上で、翌19日には和歌山、徳島両県の間の紀伊水道沖まで再び船で運搬し、約30トンの重りをつけて海中に沈めるとしている。

18日午前8時ごろ、市の職員ら数人が乗り込んだ船が、クジラ(体長約15メートル)の死骸が漂着した川岸に接近。ダイバースーツを着た作業員が死骸の頭に網をかぶせてロープを結び、船で引っ張ると周囲に腐臭が漂った。一連の処理作業は、水産庁が公表しているマニュアルを参考に実施した。

この日は早朝から大勢の市民が「淀ちゃん」の様子を見守った。

大阪市此花区の会社員、川崎孝之さん(38)は「職場が近くで毎日見に来ていた。打ち上げられて放置されたままだとかわいそうだと思った。海に帰してあげてほしい」と話していた。

  1. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  2. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン