11月機械受注、8・3%減 基調判断は引き下げ

産経ニュース
内閣府が入る中央合同庁舎8号館
内閣府が入る中央合同庁舎8号館

内閣府が18日発表した令和4年11月の機械受注統計(季節調整値)によると、民間設備投資の指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比8・3%減の8388億円で、2カ月ぶりのマイナスとなった。基調判断は前月の「持ち直しの動きに足踏みがみられる」から「足踏みがみられる」に下方修正した。

製造業は9・3%減の3860億円、非製造業は3・0%減の4698億円。船舶・電力や官公庁、外需を含む受注総額は1・0%減の2兆6554億円だった。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう