近江人巡り

「多くの人に見てもらえれば」 フィッシュクラフト工房運営 福永和明さん

産経ニュース
色えんぴつを手にする福永和明さん
色えんぴつを手にする福永和明さん

「魚が目の前でガバッと出てきて、毛針に食いつく。新鮮でおもしろかった。さらに、渓流は涼しくて、本当に気持ちがいい」

渓流釣りの魅力についてこう話すのはフィッシュクラフト工房を運営する福永和明さん(66)=滋賀県東近江市。渓流釣りを題材にした木彫魚のウッドクラフトと色えんぴつ画の展示会を定期的に開いている。

彩色画の上に飾られた木彫のレイクトラウト(全長46センチ)
彩色画の上に飾られた木彫のレイクトラウト(全長46センチ)

滋賀県立八幡工業高校機械科を卒業し、印刷会社でデザインを担当した。これが後に生きてくる。

30代半ばまでは夏山登山を楽しんでいたが、「結婚や子育てなど仲間のライフスタイルの変化などで遠ざかった」。45歳になって地元の友人に渓流釣りに誘われ、フライフィッシング(毛針釣り)を初体験。以来、引き込まれた。

フライフィッシングでは魚を釣り上げた後、川に戻すことが多く、魚拓や剥製(はくせい)にはできない。

「といって、写真だけでは物足りなさを感じた。立体で表現できないか」。思いついたのがウッドクラフトだった。

シナノキを削り、アクリル絵の具で色付けし、ニスで仕上げる。独学だったが、デザイン経験が生きた。作品は評価され、アウトドアスポーツ用品の総合メーカー、モンベルが主催する個展も開いた。

新たに始めた色えんぴつ画

4年前に肩を痛めたことで、ナイフがうまく使えなくなり、しばらくは、もんもんとしていた。

2年前に友人に絵を贈ろうと、子供が小学生のときに使っていた色えんぴつで描いた。これがまた、いい味を出し、昨年10月には能登川博物館(東近江市山路町)で、色えんぴつ画展を開催した。

「色えんぴつ画も独学だが、思っているように描けるようになってきた。これからも展示会を開き、多くの人に見てもらえればありがたい」

少しだけ声を弾ませた。(野瀬吉信)

フィッシュクラフト工房 「釣人の想いがアートで蘇る!」がキャッチフレーズ。滋賀県東近江市新宮町451。詳細はHPを参照。


  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態