新型Mac mini発表 M2チップ搭載で8万円台からというコスパに「iPhone14のほうが高いのか」

イザ!
新型Mac mini
新型Mac mini

米IT大手のアップルは日本時間の17日深夜、デスクトップPC「Mac mini」の新型モデルを発表した。搭載チップが高性能のものに刷新されながらも、8万円台からという価格設定に、ネットユーザーの注目が集まっている。

小型筐体のモジュール型PCのエントリーモデル。デザインは従来型と同じだが、搭載チップが最新のM2、M2Proに刷新され、M2 Proを搭載した上位モデルではプロレベルのパフォーマンスを実現するという。メモリーの上限もこれまでの16GBからM2搭載の下位モデルで24GB、上位モデルで32GBまで拡張可能になったほか、上位モデルでは、背面のThunderbolt 4ポートが従来の2基から4基に増やされた。

M2Proチップを搭載した上位モデルでは、背面のThunderbolt 4ポートが従来の2基から4基に増やされた
M2Proチップを搭載した上位モデルでは、背面のThunderbolt 4ポートが従来の2基から4基に増やされた

税込み価格はメモリーやストレージなどの希望する仕様によって異なるが、下位モデルが8万4800円からで、上位モデルが18万4800円から。公式オンラインショップでは、すでに販売予約の受け付けが始まり、2月3日から販売される。

発表直後から注目が集まって、ツイッターには反響が殺到し「Mac mini」がトレンド入り。最も関心を集めているのは価格設定で、「このご時世でMacが8万円台からならアリ寄りのアリ」「最近のMacにしては安めだよね」「M2が10万切り、M2 Proが20万切りはおいしい」などの受け止めが目立った。

新型Mac miniの使用イメージ

円安などで昨年は同社製品の値上げが大きな話題となったこともあって、「iPhone14のほうが高いのか」といった反応も。「M2Pro積めるのはいいね」「性能的には下位モデルで十分だけど、上位モデルのポート数多いのは惹かれる…」「(プロシューマー向けでモジュラー型の)Mac Studioだとオーバースペックだが(ディスプレイ一体型のエントリーモデル)iMacではちと弱いと思ってた人に対する答えとしては100点に近いのではなかろうか」など、より高性能な上位モデルに興味を示すユーザーも少なくなかった。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月3日OA第86話あらすじ 舞(福原遥)が同期の水島(佐野弘樹)&吉田(醍醐虎汰朗)と再会

  2. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  3. 「DAIGOも台所」娘の好きな“総菜”に視聴者ツッコミ!妻・北川景子にも「褒め上手」の声

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害