3連覇へ真中塾 真中満氏が春季キャンプ臨時コーチで6年ぶりヤクルト復帰 古田敦也氏と〝監督タッグ〟結成だ

サンスポ
試合前に山田と話し込む真中監督(当時)。2軍監督として新人時代から指導した(2016年3月16日撮影)
試合前に山田と話し込む真中監督(当時)。2軍監督として新人時代から指導した(2016年3月16日撮影)

ヤクルトが、球団OBで元監督の真中満氏(52)=サンケイスポーツ専属評論家=を2月の沖縄・浦添キャンプに臨時コーチとして招聘(しょうへい)することが15日、分かった。2017年限りで監督を退任後、プロ野球選手相手には6年ぶりの指導者〝復帰〟で、期間は2月6―12日。同時期には元監督の古田敦也氏(57)も臨時コーチを務める予定で、強力な〝監督タッグ〟が結成される。高津臣吾監督(54)は球団初となるリーグ3連覇へ若手の台頭を求めており、新戦力を育てる。

球団初のリーグ3連覇へ、さらなる〝燕軍〟が加わる。2月1日に沖縄・浦添で始まる1軍の春季キャンプで、ヤクルトがOBで元監督の真中氏を臨時コーチで招聘することが判明。6―12日と短期間だが、濃密な指導が期待される。

高津監督は新年を迎え、悲願のV3へ「絶対に難しいシーズンになると思う。簡単ではないと思うので、覚悟を持って進んでいきたい。難しい問題や高い壁にぶち当たることもたくさんあると思うけど、みんなでその壁を乗り越えていけたら」と多くの力を結集し、頂点に駆け上がる決意を明かしていた。

真中氏がその一助を担う。93年にヤクルトに入団し、現役時代は4度のリーグ優勝と日本一に貢献。長く中堅手のレギュラーとして活躍し、通算1122安打を放った。08年に現役引退後は2軍打撃コーチ、2軍監督などを歴任。1軍チーフ打撃コーチを務めた14年には最下位ながら、リーグトップのチーム打率・279、12球団トップの667得点を誇る強力打線を形成し、1軍監督1年目の15年に14年ぶりのリーグ優勝に導いた。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…