「出社回帰」鮮明に 企業の6割「テレワークの頻度減らした」 理由は?

ITメディア
 学情は「勤務形態」に関する調査を実施した(ゲッティイメージズ)
学情は「勤務形態」に関する調査を実施した(ゲッティイメージズ)

仕事に役立つ調査データ:

消費者の傾向、若者の価値観、働き方の変化――このコーナーでは、ビジネスパーソンの働き方や企業の戦略立案に役立つようなさまざまな調査データを紹介していく。

コロナ禍の行動制限の緩和を受け、企業の6割が「テレワークの頻度を減らした」。そんな結果が、就職情報企業の学情(東京都千代田区)の「勤務形態」に関する調査で明らかになった。

調査は企業・団体の人事担当者を対象に2022年12月9日~12月14日にインターネットで実施し、370件の回答を得た。

在宅勤務・テレワークの導入状況について尋ねたところ、「コロナ対策として導入し、現在も実施している」と回答した企業は46.1%で、約半数の企業が継続していた。一方「コロナ対策として導入し、現在は実施していない」と回答した企業も26.0%に上った。

在宅勤務・テレワークの導入状況(プレスリリースより、以下同)

また、行動制限の緩和を受けて「テレワークの頻度を減らした」と回答した企業が60.6%に上った。「テレワークだけでは業務に支障があるので、出社の機会も設けている」「ブレストや会議は出社して実施している」「業務に合わせて生産性の高い働き方を選択するようにしている」「職種によって、頻度を調整している」といった声が寄せられた。

行動制限の緩和に伴いテレワークの頻度は変化したか

現在の入社1年目社員の勤務状況についても聞いた。その結果、「出社」が71.0%で最多となり、次いで「出社とテレワークの組み合わせ」(25.2%)が続いた。「テレワークのみ」の回答は0.3%に留まった。

入社1年目社員の勤務状況

テレワークの実施状況を巡っては、各種調査で低調が浮き彫りとなっている。日本生産性本部が20年5月から四半期ごとに実施する「働く人の意識調査」では、最新の11回調査(22年10月実施)でテレワーク実施率は17.2%だった。過去最低を記録した前回(16.2%)から1.0ポイント増加したものの、低調傾向が続いている。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」