球界未来予想図II

巨人女子チーム本格始動!野球人気復活へLady Go 宮本監督「球界を救う」

サンスポ
【球界未来予想図II】巨人女子チーム本格始動!野球人気復活へLady Go 宮本監督「球界を救う」
【球界未来予想図II】巨人女子チーム本格始動!野球人気復活へLady Go 宮本監督「球界を救う」
その他の写真を見る (1/5枚)

女性の社会進出が進む昨今、野球界でもムーブメントが起こっている。女子の競技人口が増加の一途をたどる中、巨人が2021年に女子チームを新設。主将の金満梨々那捕手(23)ら20選手が今月から本格始動した。女子球界はプレー環境の整備が一筋縄ではいかないが、選手用の託児スペースを球場に設けるなど支援態勢を整えて普及を図る。現実と可能性を探った。(取材構成・鈴木智紘)

選手は笑みを絶やさず、グラウンドに明るい声が飛び交う。華やかな雰囲気が女子野球の魅力だ。2021年12月に新設された巨人の女子チームが、さらなる彩りを加える。初代主将を託された金満は「女子野球界のトップとして目標とされるようにやっていきたい」と自覚をにじませた。

平成国際大出身の捕手で国際大会でも実績を残してきた金満、兵庫・神戸弘陵高時代にエースとして全国制覇した島野ら1期生は4人。昨年の選考を突破した2期生16人が加わり、20人編成で今月から本格始動した。プロ野球12球団では西武、阪神に続き3球団目の女子チーム創設。関東女子硬式野球連盟主催のヴィーナスリーグなどを勝負の舞台とする。

全日本女子野球連盟によると、女子硬式の国内競技人口は21年時点で2533人。減少傾向にある男子と対照的に増加の一途をたどる。とりわけ高校の普及率は顕著だ。全国高校女子硬式野球連盟の加盟校数は15年の19校から昨年は51校まで増え、21年には全国高校女子選手権の決勝が甲子園で初開催された。

着実に裾野が広がっている一方、ままならない現実もある。島野が打ち明ける。

「小学生の頃は女子野球に大きな夢を持てずにいて、ソフトボールに変えようとか野球をやめようと思ったこともあった。実際にやめた子もいた」

プレーできる環境は限られ、プロチームは存在しない。「大学生のときはグラウンドを借りることに必死だった」と金満。巨人の女子チームも例外ではない。メンバーの多くは球団が運営する野球塾「ジャイアンツアカデミー」での指導で収入を得ながら生計を立て、事務職に就く選手や大学に通いながら白球を追う選手もいる。20人そろって練習するのは難しく、平日は日中と夜間の2部練習を行う。

明確な課題がある一方、全日本女子野球連盟の山田博子会長(51)は女子の普及が男子にも波及すると期待を寄せる。女子が主要大会を行う際は本部席の一角に託児スペースを設け、選手や指導者らが試合に集中できる態勢を整えている。「子供たちは当たり前におもちゃのボールやバットを持って『ママ頑張れ』って応援している。そういう環境が整ったら男女関係なく広がっていく」と主張した。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態