「想定より多くの参加者」成人式会場入れず苦情 千葉・市川

産経ニュース
千葉県市川市の市川市役所
千葉県市川市の市川市役所

千葉県市川市が今月8日に開いた成人式の式典で、参加者が想定より多く会場に入れなかった新成人から苦情が複数寄せられていたことが16日、市への取材で分かった。式典を担当した市教委は「想定より多くの参加者があった。申し訳ない」と不手際を認めている。新成人の保護者は取材に対し「娘にとって一生に一度きりなのに、納得いかない」と話している。

市教委によると、成人式「二十歳の集い」は8日午前、市文化会館(同市大和田)で開かれた。今年の対象者4328人に対し、会場の定員は大小のホールなどを合わせ2371人だったが、新型コロナウイルス感染拡大前までの参加率が例年50%程度だったため、市教委は「受け入れが可能と判断した」(社会教育課)という。

ところが、3年ぶりに対面開催となった今年は、会場で受け付けを済ませた参加者だけで2598人と参加率が60%に上り、会場へ入れず帰る新成人が出た。市には「会場に来たが入れない」「混雑していて入れなかった」との苦情が複数寄せられた。

成人式をめぐっては、県内で市川市と人口が同規模の松戸市が午前と午後の2部制。同様の自治体は浦安市などほかにもあった上、柏市は例年3部制なのを今年はコロナ対策のため4部制に増やしたが、市川市は1回のみの開催だった。

市教委社会教育課の担当者は「式典の内容は半年前に決めたもので、今年は想定外に参加者が多く、会場へ入れずにかわいそうなことをした。今回のことを検証し次回に活かしたい」と話した。

娘が会場へ入れなかったという保護者の男性は「娘の晴れ姿のため40万円かけて振り袖や小物、草履を買い、朝5時に起きて着付けしていた。娘にとって成人式に『次回』はない。追加で式典を行ってほしい」と話す。

市教委は「追加の式典は現時点では考えていない」としている。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…