破綻巡りブログで潔白主張 FTX創業者、異例の投稿

産経ニュース
サム・バンクマンフリード容疑者(ロイター=共同)
サム・バンクマンフリード容疑者(ロイター=共同)

経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換所大手FTXトレーディングの創業者で詐欺などの罪に問われたサム・バンクマンフリード被告は12日、ブログで「私は資金を盗んでおらず、何十億(ドル、数千億円)も隠したわけでもない」などと自身の潔白を主張した。

刑事責任を問われた被告が法廷外で見解を表明するのは珍しく、ロイター通信は「極めて異例のブログ投稿」と伝えた。「私は個人資産のほぼ全てを顧客に提供する」とし、FTXの米国部門について「依然として完全に支払い能力があり、ほぼ全ての顧客資産を返還できるはずだ」と訴えた。

2022年11月のFTX破綻は仮想通貨相場の急落が主因だったと強調。顧客資金の流用が指摘され、破綻のきっかけとなった関連会社アラメダ・リサーチは「保有資産の価値が22年に約80%下落した」と説明した。また、FTX支援をいったん表明後に撤回した競合交換所バイナンスの趙長鵬最高経営責任者(CEO)らが「激しく、迅速な(相場)暴落を仕掛けた」と批判した。(共同)


  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  4. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン