鹿めしの缶詰を備蓄食に 兵庫の高校生が商品化 

産経ニュース
東洋大付属姫路高の生徒たちが商品化した「絆・鹿めし」=兵庫県姫路市
東洋大付属姫路高の生徒たちが商品化した「絆・鹿めし」=兵庫県姫路市

災害時のための備蓄食にできる鹿めしの缶詰を、私立東洋大付属姫路高校(兵庫県姫路市)の特産品開発チーム「プロジェクトTOYO」が商品化した。獣害対策で駆除された鹿の命を有効活用するとともに、被災者の命を救おうという思いから商品名を「絆・鹿めし」と名付け、17日に神戸市中央区で開かれる「ひょうご安全の日のつどい」の交流ひろばでお披露目される。

同チームは、地域の資源を生かして地元の活性化を目指す取り組みを進める部活動。鹿については令和元年度から関心を持ち、駆除鹿の肉を原料にした缶詰の商品開発を進めて2年度に発売した。

その後、メンバーたちは「鹿の命を余すことなく有効に活用したい」と、骨に着目。苦心して試作を重ねた鹿骨のスープが満足できる出来栄えだったため、これを生かした商品開発を目指し、牛丼風の鹿めしが完成した。

鹿肉は、スライスして三温糖やしょうゆ、甘酒と煮込み、加温しなくてもおいしく食べられるよう甘めの味付け。ご飯は、JA兵庫西(同市)から提供を受けた県認証食品のブランド米「にっしぃライス輝」で、淡路島産タマネギなどを炊き込むなどし、栄養価の高い備蓄食に仕上がった。1個600円。

17日には、交流広場で絆・鹿めし20個を無料配布するほか、特別価格(500円)で販売。同日から姫路市のじばさんびる・播産館でも販売を始める。

「『つなごう、いのちを未来に』をテーマに、自然からいただいた命を困っている人につなぐ備蓄食になれば」と2年の木口八雲部長(16)。「発売後も味の改良を続け、米についても自分たちで生産していきたい」と話している。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態