ロッテ・山口航輝、千葉海上保安庁ポスターに登場 得意の俳句調で「千葉の海 安全アーチ 打ち放て」

サンスポ
ロッテ・山口をモデルに起用した千葉海上保安庁ポスター(球団提供)
ロッテ・山口をモデルに起用した千葉海上保安庁ポスター(球団提供)

ロッテは13日、山口航輝外野手(22)が2023年の千葉海上保安庁ポスターのモデルに起用されることを発表した。ポスター約2000枚は県内の公共交通機関、公共施設などに1月から順次、掲示されるという。

山口は「子供の時から休みと言えば海に遊びに行っていましたので、このような海にまつわるポスターに起用していただき嬉しいです。高校のときも休みになれば海に行っていましたし、地元 大阪でも家族と海水浴にいくのが大好きでした。小さいときから水泳もしていたのでクロール、平泳ぎは得意な方です。今年、目標に掲げる30本塁打を打って、このポスターの俳句調の『千葉の海 安全アーチ 打ち放て』というメッセージもしっかりと伝えることが出来ればと思っています」とコメントした。

ロッテの選手が千葉海上保安庁ポスターのモデルとして起用されるのは、15、16、17年の石川歩投手、18年の井口資仁前監督、19年の藤原恭大外野手、20年のブランドン・レアード内野手、21年の安田尚憲内野手、昨年の小島和哉投手と9年連続となった。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン