20年以内の大地震確率 一部で微増 政府調査委

産経ニュース

政府の地震調査委員会は13日、日本周辺の海溝などで予想される大地震の発生確率を更新し、発表した。目安とされる30年以内の確率に変動はなかった。ただし20年以内の数値は、青森県東方沖―岩手県沖北部のマグニチュード(M)7・9程度が「0・7~10%」から「1~20%」となるなど微増した。

想定地震が起きるまで確率が高まり続けるモデルで毎年1月1日に再計算しており、数値は四捨五入されている。

このほかの20年以内の確率は十勝沖(M8~8・6)が「3%」から「4%」、宮城県沖の陸寄り(M7・4前後)が「2~20%」から「4~30%」、南海トラフ(M8~9級)が「50~60%」から「60%程度」となった。

平田直委員長(東京大名誉教授)は「自分事として地震や津波に備えてほしい」としている。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」