ジェフ・ベックさんが患った細菌性髄膜炎とは

産経ニュース
スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルで演奏するジェフ・ベックさん=2007年7月(AP=共同)
スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルで演奏するジェフ・ベックさん=2007年7月(AP=共同)

世界的ギタリストのジェフ・ベックさんが死亡した。ジェフ・ベックさんが患っていたという「細菌性髄膜炎」とはどのような病気なのか。

髄膜とは脳や脊髄を取り囲む膜のこと。その中に細菌が入り込んで炎症を起こす病気が細菌性髄膜炎だ。日本では毎年約千人の子供が発症するというが、ほとんどが5歳まで、その中の約半数が抵抗力の弱い0歳児という。

細菌性髄膜炎は特徴的な症状がないために早期の診断が難しく、発症すると適切な治療を受けても重い後遺症が出たり、命を落としたりすることもある。細菌性髄膜炎の原因菌として最も多いのがインフルエンザ菌b型(ヒブ)、次いで肺炎球菌で、この2つで全体の80~90%を占めている。

肺炎球菌は多くの子供の鼻やのどに付着しているありふれた菌で、普段はおとなしくしているが、子供の抵抗力が落ちたときなどに中耳炎などいろいろな病気を引き起こす。

J・ベックさん死去 「世界三大ギタリスト」

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間