岩本勉 どの口が言うとんねん

WBC侍ジャパンにはマー君が必要だ!! 助言もできる!ダルビッシュと若手のつなぎ役としても最適!チームのまとめ役といえばこの男

ZAKZAK
侍ジャパンが最後に優勝した第2回WBCで、田中将(左)は末っ子メンバーとしてダルビッシュらに可愛がられた=2009年3月、東京ドーム
侍ジャパンが最後に優勝した第2回WBCで、田中将(左)は末っ子メンバーとしてダルビッシュらに可愛がられた=2009年3月、東京ドーム

3月開幕のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表は、大谷翔平投手(28)=エンゼルス、ダルビッシュ有投手(36)=パドレス=ら全30選手のうち12人が先行発表された。2009、13年のWBC代表メンバーで、今回も出場を熱望する田中将大投手(34)=楽天=の名前はなかったが、元日本ハム投手の岩本勉氏(51)は「侍ジャパンにはマー君が必要だ」と力説する。激推しの理由とは?

まいど! ようやく大谷やダルビッシュのWBC参戦が正式に決まりましたね~。今月下旬には残りの18人も発表される予定で、本番に向けて一気に盛り上がっていくことでしょう。

先日の先行発表では二刀流の大谷を含めて6投手がメンバー入り。規定では最低でも14人の投手を選出する必要があり、全30人中15人を投手に充てると仮定すると、残り9投手が選ばれることになります。

岩本的お勧めはまず、日本一オリックスのブルペンを支えた宇田川優希(24)、山﨑颯一郎(24)の両投手。昨季前半までの実績は皆無でしたが、夏場以降の成長ぶりは目を見張るものがありました。空振りが取れる真っすぐが何よりの魅力です。海外勢のパワーの脅威はよく語られますが、パワーで対抗でき、多少四球で走者を背負おうがねじ伏せてしまえる勢いと若さがあります。ワンポイントリリーフが禁止される今大会では、回またぎも苦にしないスタミナも必須。まさにうってつけの逸材2人だと思います。

  1. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」