慶大ラグビー部が青貫新監督就任を発表「魅力的な人間、魅力的な組織を育てたい」 味の素退社し指導に専念/関東対抗戦

サンスポ
慶大ラグビー部の新監督に就任した青貫氏(中央)を囲む栗原前監督(右)、和田GM
慶大ラグビー部の新監督に就任した青貫氏(中央)を囲む栗原前監督(右)、和田GM

慶大ラグビー部は11日、横浜市内で会見を開き、4季務めた栗原徹監督(44)の退任と、青貫(あおぬき)浩之新監督(38)の就任を発表した。

青貫新監督は茨城・清真学園高で3年連続で花園に出場。しぶといプレーと好タックルを見せたFLのほかWTB、FBもこなし、2、3年では高校日本代表に選ばれた。慶大でも1年から公式戦に出場。4年時の2006年度は主将として関東対抗戦3位、全国大学選手権8強まで進んだ。卒業後は味の素に就職。2020年には調理パウチに入った液体調味料「スチーミー」を開発し、話題となった。慶大では週末に携わるFWコーチを通算7シーズン(2012~14、19~22年度)務めた。

青貫新監督は「自分は社会人になってラグビーから身を引いていたので、最新のコーチングはできないかもしれないが、魅力的な人間を育て、魅力的な組織をつくっていきたい。学生たちともフラットに接して一緒に成長していければ」と抱負を述べた。栗原前監督は「新監督就任を強く推薦させてもらった。この1年、青貫コーチにいろいろなものを担ってもらい、スムーズにバトンを渡せるようにしていた」と話した。すでに新主将にPR岡広将(3年、桐蔭学園)、副将にFB山田響(3年、報徳学園)を選出。早大出身の三井大祐ヘッドコーチは留任し、新チームは14日に始動する。

また、青貫新監督は、この3月末で味の素を退社することを明かした。「(監督は)ほとんどの時間を学生と接し、マネジメントしなければならない。仕事をしながらだと部のためにも、学生のためにもならない」と退路を断った理由を述べた。任期は1期2年を重ねていく形だが、青貫新監督は「任期がいったん終わっても、続けたいと思うかもしれない」と意欲を見せた。慶大は今季、対抗戦で4勝3敗の4位。全国大学選手権は準々決勝で京産大に33-34で惜敗し、4強入りを逃した。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン