球界ここだけの話(2925)

藤浪晋太郎の大リーグ挑戦は実現するのか?敏腕代理人ボラス氏に注目

サンスポ
藤浪晋太郎
藤浪晋太郎

阪神からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す藤浪晋太郎投手(28)の交渉期限が、米東部時間14日午後5時(日本時間15日午前7時)と迫ってきた。

藤浪にはこれまで、ジャイアンツ、ダイヤモンドバックス、レッドソックスなど複数団が興味を示していることが明らかになっているが、大リーグの春季キャンプまでは約1カ月。各チームの投手補強は進んでおり敏腕代理人のスコット・ボラス氏がどう動くか注目される。先月取材に応じた同氏は「藤浪がメジャー球団の一員になることは確実。複数の球団が興味を示している」と強調していた。

その中でジャイアンツが9日(同10日)、救援右腕ルーク・ジャクソンと2年契約で合意したと球団が発表した。ジャクソンは昨年4月にトミー・ジョン手術を受け、今季も開幕には間に合わないものの、21年は71試合を投げ防御率1・98とブレーブスのワールドシリーズ制覇に貢献。公式サイトは「試合終盤での登板が経験豊富な選手が加わった」と期待を込める。

またジ軍は今オフ既に通算81セーブのテーラー・ロジャーズを獲得。救援陣は昨季68回を投げ防御率3・18の右腕ブレビア、昨季25セーブを挙げた若手ドバルら、先発は通算70勝コブ、昨季15勝右腕ウェブとローテはそろうなど整った印象がある。ダイヤモンドバックスは6日(同7日)通算58勝の先発デービーズと再契約と公式サイトが報道。先発は今季13勝のケリー、通算134勝バムガーナーらに加え若手投手もそろう他、救援は昨季までプロ野球ヤクルトに所属したマクガフらを獲得している。

また8日(同9日)付のスポーツ専門サイト、FanNationでは「チームは12月に藤浪と接触もそれ以降は不明」と伝えるなど情報が限られている。日本から吉田正尚外野手(29)を獲得したレッドソックスは通算391セーブのジャンセンなど救援3選手を獲得。公式サイトは「守護神も固まり、救援陣は良い体制でシーズンを迎えられる」と伝えるなど今後補強には動かない可能性もある。

しかし期限ぎりぎりまで強気で攻めるのがボラス流。独自に出したデータなどを使い、選手が望む好条件を出来るだけ高額契約で求めていることは容易に予想される。スポーツ記者を20年以上務めるベテラン記者も「自分が選手だったら100%ボラスを代理人に選ぶ。彼の代理人としての才能は飛び抜けている」と話す。

交渉期限はあと5日。先発起用を好んでいるという藤浪だが、救援で興味を示しているという球団も。藤浪の大リーグ挑戦は実現するか、敏腕代理人がどんな契約を結ぶか目が離せない。(竹濱江利子通信員)

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」